個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/人類最後の日

投稿日:2017年7月19日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

大人の魅力を増して帰ってきてくれましたね!

これから出す新曲やアルバムがどんなものになるのか楽しみです。年齢的な深みが増すことで、必ずしやこれまでの名盤、名曲を超える作品を生み出していってくれることでしょう!

今回は、アルバム『8』の6曲目、『人類最後の日』のレビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

earth

『人類最後の日』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名人類最後の日
演奏時間1:13
作詞
作曲THE YELLOW MONKEY
編曲THE YELLOW MONKEY

いわゆるインスト曲扱いなのでしょうか、作詞のクレジットはありません。作曲のクレジットは珍しく『THE YELLOW MONKEY』になっています。

なお、アルバム『8』収録曲の中で演奏時間が最も短い曲になります。

『人類最後の日』収録アルバム

アルバム名トラック#
86

アルバム『8』の6曲目に収録。

※『人類最後の日』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『人類最後の日』という曲名を見ると、”いったいどれだけ壮大で悲壮感溢れる楽曲なのか!?”と連想しますよね。なんだかクラシックの巨匠あたりがオーケストラでまとめた楽曲にありそうな、そんな曲名だと思いませんか?

…そう、そんな壮大な曲名を冠した『人類最後の日』、実際は上記イメージとは完全に違うベクトルの曲になっています。

悪く言えばおふざけの過ぎる1曲、良く言えばユーモアに溢れた1曲というところですかね。

この曲で表現されている『人類最後の日』の出来事は”宇宙人による侵略”と思われます。終始鳴っているリフがUFOの登場っぽい雰囲気を出していますから。

あと、歌詞ではないのですが、「助けてー」という棒読みが聴こえます。これは、宇宙人にやられている人類のセリフなんだと思います。

まぁ、これは真面目にレビューする曲じゃないですよね 笑。

アルバム『8』の箸休め的な存在なのでしょう。積極的に聴きたくなる曲ではないですが、アルバムを通して何度も聴いていると、不思議と憎めない存在になってきます 笑。

Amazonで試聴できます。

やはりというか当然というか、この『人類最後の日』も他の曲と同じで1曲”250円”の値札が付いています。”ジャケ買い”ならぬ”曲名買い”をする際は十分注意が必要ですね。

『人類最後の日』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ポケットビスケッツ/YELLOW YELLOW HAPPY

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。 メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止して …

【個別楽曲レビュー】PEDRO/MAD DANCE

“楽器を持たないパンクバンド”がキャッチコピーのアイドルグループ『BiSH』。そのメンバーの一人であるアユニ・Dのソロプロジェクトが『PEDRO』です。 アイドルのソロとしては …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/All along

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/ECO=System

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/砂の塔

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。 離れ離れになっていた十数年とい …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。