個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/SHOCK HEARTS

投稿日:2017年7月20日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

大人の魅力を増して帰ってきてくれましたね!

これから出す新曲やアルバムがどんなものになるのか楽しみです。年齢的な深みが増すことで、必ずしやこれまでの名盤、名曲を超える作品を生み出していってくれることでしょう!

今回は、アルバム『8』の7曲目、『SHOCK HEARTS』のレビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

refreshment

『SHOCK HEARTS』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名SHOCK HEARTS
演奏時間4:20
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY & 森俊之

『THE YELLOW MONKEY』の21stシングル。

編曲に外部の方が携わっています。

『SHOCK HEARTS』収録アルバム

アルバム名トラック#
87
GOLDEN YEARS Singles 1996-200110

オリジナルアルバム『8』の7曲目に収録。

また、シングル曲のため、『GOLDEN YEARS Singles 1996-2001』にも収録されています。

※『SHOCK HEARTS』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『SHOCK HEARTS』…”ショックハーツ”…”しょっくはぁつ”…”しょくはつ”…「触発」

…早速寒いダジャレすみません。

でも、本作を一言で表現するならこのダジャレなんじゃないかと思います。

冷静になれば寒いダジャレですが、『SHOCK HEARTS』の曲に乗っかるとかっこよく聴こえるんですよね。こういう、ダジャレみたいな韻がポップなロックンロールに乗ってバンバン飛び出るのが『SHOCK HEARTS』の魅力でしょう!

曲の内容は裏表のない下ネタですね。もう、ド直球表現のオンパレードです 笑。

そんな歌詞ですが、私のお気に入りは2番Bメロの部分。

「カーテン」と「冒険」で韻を踏むなんて、かっこいいと思いませんか!?

なんてキレイな下ネタ表現なんでしょう 笑。

あと、『SHOCK HEARTS』シングルのジャケットがイカしてます!記事に画像を載せたいんですけど、ちょっとGoogleさんに怒られそうな気もするので、Amazonのリンクだけ貼っておきます。興味あったらこちらからどうぞ。

SHOCK HEARTS(Amazonリンク)

どこかで見たことある絵だなと思ったら、あの永井豪がデザインしてたんですね。”デビルマン”とか”キューティーハニー”なんかを世に送り出した偉大な漫画家です!

Amazonで試聴できます。

『SHOCK HEARTS』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/口唇

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューが『X JAPAN』のYOSHIKIプロデュースだったこともあり、ヴィジュアル系というカテゴリーに分類される …

【個別楽曲レビュー】GLAY/ずっと2人で…

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューが『X JAPAN』のYOSHIKIプロデュースだったこともあり、ヴィジュアル系というカテゴリーに分類される …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/song3

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。 以降、あまり良くないイ …

【個別楽曲レビュー】B’z/Easy Come, Easy Go!

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/恋の煙

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。