個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/聖なる海とサンシャイン

投稿日:2017年7月22日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

大人の魅力を増して帰ってきてくれましたね!

これから出す新曲やアルバムがどんなものになるのか楽しみです。年齢的な深みが増すことで、必ずしやこれまでの名盤、名曲を超える作品を生み出していってくれることでしょう!

今回は、アルバム『8』の8曲目、『聖なる海とサンシャイン』のレビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

beach

『聖なる海とサンシャイン』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名聖なる海とサンシャイン
演奏時間4:53
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY & 朝本浩文

『THE YELLOW MONKEY』の20thシングル。

編曲に外部の方が携わっています。

『聖なる海とサンシャイン』収録アルバム

アルバム名トラック#
88
GOLDEN YEARS Singles 1996-20019

オリジナルアルバム『8』の8曲目に収録(アルバム名とトラック#が紛らわしいですね)。なお、こちらはAlbum Version。

また、シングル曲のため、『GOLDEN YEARS Singles 1996-2001』にも収録されています。

※『聖なる海とサンシャイン』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

すごく好きな曲

初めて聴いたのはアルバム『8』収録のAlbum Versionの方だったのですが、大人のロックの香りが非常にかっこよく、一瞬でツボにハマりました。

(youtubeにアップされている公式MVはシングルバージョン)

この大人のロックな感じを出している要素の一つはドラムパターンなのかなと思います。決して凝った演奏ではないのですが、小刻みに身体を揺らしたくなるようなリズムです。イエモンにしては珍しいパターンのリズムですが、曲にとてもマッチしています!

あと、何と言っても歌詞!かっこよすぎでしょ、これは。

Aメロ一発目のフレーズからノックアウトされます。ちょっと自己中な、でも、抑えきれない想いがビシビシと伝わってきます。自己中加減を上手くコントロールしようとしている内容も、大人のロックだと感じる部分なのかもしれません。

それから、ちょっと細かいですが、2番のBメロ。「海」に「戻る」で「涙」という発想はロマンチックです。

『聖なる海とサンシャイン』、シングルバージョンとAlbum Versionがあり、それぞれで使っている楽器や曲の構成に大きな違いはないのですが、聴いたときの雰囲気は驚くほど全然違います。

Album Versionの方が大人のロック臭プンプンで、私はこちらの方が好みです。特にハモりのつけ方がかっこいい!

Amazonで試聴できます。

『聖なる海とサンシャイン』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/TVのシンガー

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活後も精力的に新作を発表してくれるのがとても嬉しいです。 テレビなんかでは、過去の名作を披露してくれることが時々ありますので …

【個別楽曲レビュー】黒夢/LOVE SONG

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 1994年のメジャーデビュー後、順調にセールスを伸ばしていた中1999年に無期限の活動停止を発表。そしてその約10年後の2010年、 …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/JIRENMA

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/All Dead

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/THE LAST CRY IN HADES (NOT GUILTY)

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。