個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】Janne Da Arc/Heaven’s Place

投稿日:

2019年、突如解散を発表した『Janne Da Arc』。

キーボードを絡めたカラフルな音色、個々の卓越した演奏技術による派手なサウンド、そしてキャッチーなメロディーラインが魅力的な楽曲をいくつも生み出したバンドです。

なお、ボーカルのyasuはソロプロジェクト『Acid Black Cherry』にて現在も活躍中。

今回は、アルバム『D・N・A』の12曲目、『Heaven’s Place』のレビューです。

※『Janne Da Arc』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Janne Da Arc

『Heaven’s Place』の全体概要

基本情報

アーティストJanne Da Arc
曲名Heaven’s Place
演奏時間7:11
作詞yasu
作曲yasu
編曲yasu & Janne Da Arc & 秦野猛行

初出はアルバム『D・N・A』。その後4thシングルとして『Vanity』とともにシングルカット。

本作『Heaven’s Place』がアルバム『D・N・A』収録曲の中で最も演奏時間の長い楽曲になります(シングル版の方は演奏時間が30秒ほど短縮)。

『Heaven’s Place』収録アルバム

アルバム名トラック#
D・N・A12
SINGLES (Disc1)4

オリジナルアルバム『D・N・A』の12曲目に収録。

本作『Heaven’s Place』がアルバム『D・N・A』の最終トラックになります。

※『Heaven’s Place』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

アルバム『D・N・A』のラストを飾るのは長尺楽曲の本作『Heaven’s Place』。

演奏時間7分越えはアルバム『D・N・A』の中では断トツの長さです。

最終トラックに長尺楽曲が配置されているアルバムと言って思い浮かぶのは、『L’Arc〜en〜Ciel』の『Tierra』でしょうか。

アルバム『Tierra』も最終トラック『White Feathers』の演奏時間が約8分あり、収録曲の中では断トツで長いです。

また、ラルクの『Tierra』もジャンヌの『D・N・A』も、どちらもメジャー1stアルバムという共通点があります。

『Janne Da Arc』のリーダーyasuがラルク好きだそうですので、もしかしたらアルバム『D・N・A』を制作する際、憧れであるラルクのメジャー1st『Tierra』の構成を意識したのかもしれません(あくまで私の勝手な推測です)。

本作『Heaven’s Place』、内容の方は『Janne Da Arc』には珍しく下心の気配が漂わない純愛ラブソングとなっています。

とてもロマンティックな雰囲気のある楽曲ですが、生粋のチャラさはどうも隠しきれていないという印象。

というのも、本作『Heaven’s Place』の歌詞には命令形のフレーズが多いんですよね。

「おいで」、「聞かせて」、「教えて」…等々。Bメロやサビに登場する動詞はけっこうな確率で命令形になっています。

感じ方はそれぞれだと思いますが、私はこの命令形の多さに”上から目線的だな”という印象を持ってしまいました。それが結果として”チャラいな”という感想につながっているのでしょう。

一方、ロマンティックなチャラさを楽しめる方ならこの楽曲が刺さる可能性が高い気がします。

本作『Heaven’s Place』、一応”純愛ラブソング”というカテゴリに入ると思いますが、例えば『GLAY』のラブソングみたいな”誠実さ”を求めて聴くと、”ちょっと違う”ってなると思います 笑。

Amazonで試聴できます。

『Heaven’s Place』収録アルバムレビューリンク

※『Janne Da Arc』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Janne Da Arc

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/POWER OF LOVE

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/脳内モルヒネ

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンドで知的で過激。当時の10代リスナーはある種の選民思想を抱きながら『PIERROT』の …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/SEPIA

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 2006年突如解散してしまいましたが、最近になってライブを開催してみたりファンクラブを再始動させたりと …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/Voiceless Screaming

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/今でも・・・あなたが好きだから

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。