個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/恋することしか出来ないみたいに

投稿日:2018年4月11日 更新日:

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。

女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。

メンバーが楽曲制作に携わる場合、ボーカルが作詞を担当するケースが多いのがJ-POPですが、『GARNET CROW』はキーボードのAZUKI七が作詞し、ボーカルの中村由利は作曲を担当しています。『GARNET CROW』特有とも言える、少し変わった役割分担ですね。

今回は、アルバム『Crystallize 〜君という光〜』の11曲目、『恋することしか出来ないみたいに』のレビューです。

※『GARNET CROW』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GARNET CROW

cyclist

『恋することしか出来ないみたいに』の全体概要

基本情報

アーティストGARNET CROW
曲名恋することしか出来ないみたいに
演奏時間4:36
作詞AZUKI七
作曲中村由利
編曲古井弘人

『恋することしか出来ないみたいに』収録アルバム

アルバム名トラック#
Crystallize 〜君という光〜11

オリジナルアルバム『Crystallize 〜君という光〜』の11曲目。

リミックス曲を除けば、本作『恋することしか出来ないみたいに』がアルバム『Crystallize 〜君という光〜』の最終トラックです。

※『恋することしか出来ないみたいに』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

アルバム『Crystallize 〜君という光〜』の(実質)最終トラックにして、同アルバム中最もポップな楽曲、『恋することしか出来ないみたいに』。

『B’z』の『愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない』には敵いませんが、本作『恋することしか出来ないみたいに』も長い曲名ですよね 笑。

冒頭にも書いた通り、シンセとアコギを楽器のメインに据えた楽曲で非常にポップ。

そして、歌詞も非常にポジティブ。多少切なさのエッセンスが混じっているとはいえ、『GARNET CROW』の楽曲でここまでポジティブに振り切った作品は珍しいのではないでしょうか。

初っ端のサビで聴ける「サイクリング イエーイ!!」は初めて聴いたときなかなか衝撃的でしたよ 笑。”自分の知っている『GARNET CROW』じゃないみたい”って。それくらいポジティブな楽曲です。

それから、本作『恋することしか出来ないみたいに』ですが、「秋空」というワードが歌詞中に出てきていますので、季節としては“秋”を取り上げているものと思います。

一方、アルバム『Crystallize 〜君という光〜』の1曲目『今日の君と明日を待つ』では“冬”を歌っていました。

アルバム『Crystallize 〜君という光〜』の実質最終トラックである『恋することしか出来ないみたいに』で秋を迎え、また一周回って1曲目の『今日の君と明日を待つ』で冬が来る。

『GARNET CROW』側が意識しているかわかりませんが、季節に関する上記のような仕掛けがアルバム『Crystallize 〜君という光〜』に施されているような、そんなふうに感じています。

『恋することしか出来ないみたいに』収録アルバムレビューリンク

※『GARNET CROW』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GARNET CROW

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】PIERROT/「天と地」と「0と1」と

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 2006年突如解散してしまいましたが、最近になってライブを開催してみたりファンクラブを再始動させたりと …

【個別楽曲レビュー】B’z/ミエナイチカラ 〜INVISIBLE ONE〜

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/LORELEY

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/PUFF PUFF

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラした妖しい容姿、歌謡曲風の曲調、核心を突いた歌詞…そのどれもが絶妙なバランスの上に成り立つ唯一無二のバンドです。 一度 …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/There will be love there -愛のある場所-

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。