個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/今日の君と明日を待つ

投稿日:2018年4月1日 更新日:

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。

女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。

メンバーが楽曲制作に携わる場合、ボーカルが作詞を担当するケースが多いのがJ-POPですが、『GARNET CROW』はキーボードのAZUKI七が作詞し、ボーカルの中村由利は作曲を担当しています。『GARNET CROW』特有とも言える、少し変わった役割分担ですね。

今回は、アルバム『Crystallize 〜君という光〜』の1曲目、『今日の君と明日を待つ』のレビューです。

※『GARNET CROW』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GARNET CROW

cinnamon-stars

『今日の君と明日を待つ』の全体概要

基本情報

アーティストGARNET CROW
曲名今日の君と明日を待つ
演奏時間5:09
作詞AZUKI七
作曲中村由利
編曲古井弘人

『今日の君と明日を待つ』収録アルバム

アルバム名トラック#
Crystallize 〜君という光〜1

オリジナルアルバム『Crystallize 〜君という光〜』の1曲目。

※『今日の君と明日を待つ』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

オリジナルアルバム『Crystallize 〜君という光〜』の1曲目を担っているのが本作『今日の君と明日を待つ』。

歌詞中に「snow」や「winter」という単語が登場しますので、をテーマにした楽曲と考えられそうです。

アルバムの1曲目は最初に耳に飛び込んでくる楽曲になりますので、アルバム全体の印象を左右する大事な1曲です。そんな1曲目というポジションに冬をテーマにした楽曲を配置するとなると、アルバム全体の季節感も冬に引きずられてしまいます。

そのため、季節をテーマにしたオリジナルアルバムでもない限り、具体的な季節を連想させる曲をアルバムの1曲目に持ってくるというのは珍しいケースだと思います。しかし、アルバム『Crystallize 〜君という光〜』の他の収録曲を見ると、決して冬を意識した曲で統一されているわけではなさそうです…。

上記のことを踏まえると、冬をテーマにした『今日の君と明日を待つ』をアルバムの1曲目にわざわざ配置した理由を見つけるのが少々難しいな、と感じています。

一方で、アルバム『Crystallize 〜君という光〜』のタイトルにある“Crystallize”というワードからは”雪の結晶”を連想できます。

アルバムの季節感を意識して冬をテーマにした『今日の君と明日を待つ』を1曲目に配置しているわけではなく、”Crystallize”というワードから連想できる楽曲として、冬をテーマにした『今日の君と明日を待つ』を1曲目に配置している、そう考えるほうが自然ですかね。

『今日の君と明日を待つ』収録アルバムレビューリンク

※『GARNET CROW』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GARNET CROW

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】B’z/ハピネス

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 日本におけるアーティスト・トータル・セールス(CD)が歴代1位という記録を保持している『B’z』ですが …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/There will be love there -愛のある場所-

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/煌めく

2017年にメジャーデビューを果たしたバンド、『ポルカドットスティングレイ』!! ボーカルが紅一点の4人組ロックバンドで、有名どころで言えば、あの『JUDY AND MARY』と同じメンバー構成ですね …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Stand by

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 解散したわけではな …

【個別楽曲レビュー】ZONE/世界のほんの片隅から

“バンド”でも”アイドル”でもない“バンドル”という新しいジャンルで活動を始めた4人組グループ『ZONE』。 途中で本当に楽器を …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。