個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】黒夢/SPOON & CAFFEINE

投稿日:2018年11月8日 更新日:

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。

ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで括ることはなかなかに難しいバンドです。

今回は、『黒夢』の楽曲、『SPOON & CAFFEINE』のレビューです。

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

coffee

『SPOON & CAFFEINE』の全体概要

基本情報

アーティスト黒夢
曲名SPOON & CAFFEINE
演奏時間2:28
作詞清春
作曲人時
編曲黒夢

『SPOON & CAFFEINE』収録アルバム

アルバム名トラック#
CORKSCREW3

メジャー6thアルバム『CORKSCREW』の3曲目に収録。

※『SPOON & CAFFEINE』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

本作『SPOON & CAFFEINE』の“テレレッテレレッ”というイントロのギターフレーズ、なんだか聴いたことあるなと思ったら、『LUNA SEA』の『TONIGHT』でした。

ただ、リリースした年代を比べてみると、本作『SPOON & CAFFEINE』が収録されているアルバム『CORKSCREW』は1998年の作品、『LUNA SEA』の『TONIGHT』は2000年の作品なのです。

なので、“『LUNA SEA』の『TONIGHT』のイントロが『SPOON & CAFFEINE』に似ている”と表現する方が正しいということになりますね。

…いや、別にどっちがどっちをパクっただとか、そういう話がしたいわけではありません。

『LUNA SEA』の『TONIGHT』と本作『SPOON & CAFFEINE』のどちらも知っていて、かつ、両曲のイントロが似ているなって思う方がいたら、”そうだよね”って、その気持ちを共有したかっただけです。

本作『SPOON & CAFFEINE』、タイトルだけ見ると“コーヒーの歌?”と思いそうですが、もちろんそうではありません 笑。

歌詞を見る限り、この曲名に込められたメッセージは、“ぬるい音楽なんか聴いてないで、目を覚ませ!”ということだと思われます。そう、“目を覚ませ”という意味で覚醒作用のある「CAFFEINE(カフェイン)」という言葉を使っているのですね。

ということで、本作『SPOON & CAFFEINE』、コーヒー片手にMacでドヤりながら聴く音楽ではありません。部屋に閉じこもり、爆音で頭を振りましょう 笑。

Amazonで試聴できます。

『SPOON & CAFFEINE』収録アルバムレビューリンク

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/煌めく

2017年にメジャーデビューを果たしたバンド、『ポルカドットスティングレイ』!! ボーカルが紅一点の4人組ロックバンドで、有名どころで言えば、あの『JUDY AND MARY』と同じメンバー構成ですね …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Never Stop!

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/パール

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!! 復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていって …

【個別楽曲レビュー】MALICE MIZER/Syunikiss〜二度目の哀悼〜

今や芸能人格付けチェックの常連というイメージが強い『GACKT』。その『GACKT』が在籍していたバンドが『MALICE MIZER』です。 音楽業界の中でも異端な扱いを受けがちなV系バンドですが、そ …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Titta Titta

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。 離れ離れになっていた十数年とい …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。