個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】黒夢/SPOON & CAFFEINE

投稿日:2018年11月8日 更新日:

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。

ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで括ることはなかなかに難しいバンドです。

今回は、『黒夢』の楽曲、『SPOON & CAFFEINE』のレビューです。

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

coffee

『SPOON & CAFFEINE』の全体概要

基本情報

アーティスト黒夢
曲名SPOON & CAFFEINE
演奏時間2:28
作詞清春
作曲人時
編曲黒夢

『SPOON & CAFFEINE』収録アルバム

アルバム名トラック#
CORKSCREW3

メジャー6thアルバム『CORKSCREW』の3曲目に収録。

※『SPOON & CAFFEINE』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

本作『SPOON & CAFFEINE』の“テレレッテレレッ”というイントロのギターフレーズ、なんだか聴いたことあるなと思ったら、『LUNA SEA』の『TONIGHT』でした。

ただ、リリースした年代を比べてみると、本作『SPOON & CAFFEINE』が収録されているアルバム『CORKSCREW』は1998年の作品、『LUNA SEA』の『TONIGHT』は2000年の作品なのです。

なので、“『LUNA SEA』の『TONIGHT』のイントロが『SPOON & CAFFEINE』に似ている”と表現する方が正しいということになりますね。

…いや、別にどっちがどっちをパクっただとか、そういう話がしたいわけではありません。

『LUNA SEA』の『TONIGHT』と本作『SPOON & CAFFEINE』のどちらも知っていて、かつ、両曲のイントロが似ているなって思う方がいたら、”そうだよね”って、その気持ちを共有したかっただけです。

本作『SPOON & CAFFEINE』、タイトルだけ見ると“コーヒーの歌?”と思いそうですが、もちろんそうではありません 笑。

歌詞を見る限り、この曲名に込められたメッセージは、“ぬるい音楽なんか聴いてないで、目を覚ませ!”ということだと思われます。そう、“目を覚ませ”という意味で覚醒作用のある「CAFFEINE(カフェイン)」という言葉を使っているのですね。

ということで、本作『SPOON & CAFFEINE』、コーヒー片手にMacでドヤりながら聴く音楽ではありません。部屋に閉じこもり、爆音で頭を振りましょう 笑。

Amazonで試聴できます。

『SPOON & CAFFEINE』収録アルバムレビューリンク

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】相対性理論/人工衛星

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した …

【個別楽曲レビュー】GLAY/BE WITH YOU

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューから20年以上経つベテランバンドですが、長寿バンドに付きものの”メンバー間の確執”と …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/ポルカドット・スティングレイ

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 女性ボーカルとギター、ベース、ドラムといった、シンプルな構成の4人ロックバンドで …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/ハナノユメ

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】GLAY/YOU MAY DREAM

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。