個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Here and everywhere

投稿日:2018年7月7日 更新日:

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。

特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダンスっぽいサウンドを見事に融合させた、ザ・J-POPでした。

当時のエイベックスはポスト小室哲哉として五十嵐充に期待していた部分があったと思います(おそらく)。

今回は、『Every Little Thing』の楽曲、『Here and everywhere』のレビューです。

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

woman

『Here and everywhere』の全体概要

基本情報

アーティストEvery Little Thing
曲名Here and everywhere
演奏時間3:58
作詞持田香織
作曲五十嵐充
編曲五十嵐充

初期『Every Little Thing』には珍しい、持田香織作詞の楽曲。

『Here and everywhere』収録アルバム

アルバム名トラック#
everlasting3

1stアルバム『everlasting』の3曲目に収録。

※『Here and everywhere』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

ポップスのお手本のようなキャッチーな楽曲、『Here and everywhere』。

特にイントロのシンセ音とメロディーはキャッチーそのものですね。例えば、幼児向け番組の”おかあさんといっしょ”なんかで流れる曲に使われていても変じゃないくらい、わかりやすくて聴き手の耳を引き付けるイントロだと思います。

ただ、キャッチーすぎるイントロ故に、“露骨”という印象を持つのも否めないところがあります。幼児向け番組で流れていても違和感がないということは、裏を返せば”大人向けではない”とも言えなくはないわけで。

少なくとも、”クレバー”とか”おしゃれ”というイメージは抱かないイントロかな…。”クレバー”とか”おしゃれ”なイメージの音楽って、けっこう複雑で多少の”とっつきにくさ”を秘めていると思いますので。

キャッチーの極みに到達するということは”とっつきにくさ”を排除することになりますから、結果として“クレバー”や”おしゃれ”といったイメージを失うことになるということに気づかされます。

少々否定的な方向へ行ってしまいましたが、ここまで突き抜けたキャッチーさを打ち出せるってシンプルにすごいことだと思うのです。

本作『Here and everywhere』のイントロで、作曲と編曲を担当した五十嵐充のポップセンスをぜひ感じてみてください。

Amazonで試聴できます。

『Here and everywhere』収録アルバムレビューリンク

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/I don’t know

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。 離れ離れになっていた十数年とい …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/サリーマリー

ギターボーカル担当の川谷絵音の不倫だったり、ドラム担当のほな・いこかが「さとうほなみ」名義で女優デビューしたりと、音楽面よりメンバーの素行が注目されてしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』 注目のされ方 …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/テレ東

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 メンバーの中ではボーカルの「やくしまるえつこ」がソロでも曲を出し …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/神経がワレル暑い夜

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/LOVE IS ZOOPHILIA

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラした妖しい容姿、歌謡曲風の曲調、核心を突いた歌詞…そのどれもが絶妙なバランスの上に成り立つ唯一無二のバンドです。 一度 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。