個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/angel song -イヴの鐘-

投稿日:2017年3月25日 更新日:

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!!

UKロック風のバンドサウンドアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です!

 

そんな『the brilliant green』のメンバ構成は女性ボーカルとベースの2人組となっています。元々は3人組でしたが、2010年にギターが脱退して今の形になりました。

 

今回は、『the brilliant green』のシングルコレクションアルバム、『complete single collection ’97-’08』の11曲目、『angel song -イヴの鐘-』の個別楽曲レビューです。

 

angel

全体概要

基本情報

アーティスト the brilliant green
曲名 angel song -イヴの鐘-
演奏時間 4:24
作詞 川瀬智子
作曲 奥田俊作
編曲 the brilliant green

メルヘンな曲名です。

歌詞を聴けばわかりますが、クリスマスソングです。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
complete single collection ’97-’08 11
Los Angeles 3

『complete single collection ’97-’08』の11曲目に収録されています。

また、3rdアルバム『Los Angeles』の3曲目にも収録されています。

 

レビュー

サビで爆発!な、3拍子の1曲です。

このあたりの曲から、UKロック風とは呼べなくなってきますね。サビをいかに盛り上げるかに力が入っていると言いますか、サビ以外はサビを盛り上げるためにあるって感じがして、J-POP風な作りになってきます。

Aメロ1回目はギターと歌のみの構成、Aメロ2回目はそこにパーカッションとギターやエレキピアノが加わってくるもベースは入らず。そのままの流れで1度ブレイクを入れ、サビでドン!って感じです。

 

曲の雰囲気は、かなりゴシックな印象が強くなっています。ここでいうゴシックは、ゴシック&ロリータで使われるような、いわゆるサブカルチャー的な意味のゴシックです。

ただ、アンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルゴシックな雰囲気の親和性が高いのか、曲としての完成度は高いです。『冷たい花』とか『長いため息のように』みたいなUKロック風の曲が聴きたいときでも、『angel song -イヴの鐘-』は飛ばさずに聴けますから。

公式MVはyoutubeに上がっていませんが、Amazonで視聴できます。

 

『angel song -イヴの鐘-』が収録されているアルバム『complete single collection ’97-’08』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】the brilliant green/complete single collection ’97-’08

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】PEDRO/GALILEO

“楽器を持たないパンクバンド”がキャッチコピーのアイドルグループ『BiSH』。そのメンバーの一人であるアユニ・Dのソロプロジェクトが『PEDRO』です。 アイドルのソロとしては …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/CIVILIZE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 再始動前の2009年、『LUNA SEA』のリードギターを担当するSUGIZOがHIDEの …

【個別楽曲レビュー】GLAY/夢遊病

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】MALICE MIZER/S-CONSCIOUS

今や芸能人格付けチェックの常連というイメージが強い『GACKT』。その『GACKT』が在籍していたバンドが『MALICE MIZER』です。 音楽業界の中でも異端な扱いを受けがちなV系バンドですが、そ …

【個別楽曲レビュー】MALICE MIZER/ヴェル・エール 〜空白の瞬間の中で〜

今や芸能人格付けチェックの常連というイメージが強い『GACKT』。その『GACKT』が在籍していたバンドが『MALICE MIZER』です。 音楽業界の中でも異端な扱いを受けがちなV系バンドですが、そ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。