個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/sure

投稿日:2019年5月12日 更新日:

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。

1996年にデビューし、2016年に20周年を迎えました。

2000年前後ほどの派手なヒットはありませんが、とどまることなくコンスタントに活動を続けるユニットというのは、今や希少な存在ではないでしょうか。

今回は、『Every Little Thing』の楽曲、『sure』のレビューです。

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

sunset

『sure』の全体概要

基本情報

アーティストEvery Little Thing
曲名sure
演奏時間4:53
作詞持田香織
作曲Every Little Thing
編曲Every Little Thing

14thシングル。

シングルA面楽曲で初めて持田香織が作詞を担当した作品です。

『sure』収録アルバム

アルバム名トラック#
eternity9
Every Ballad Songs11
Every Best Single 22
Every Best Single 〜COMPLETE〜 (Disc 2)3
Every Best Single 2 〜MORE COMPLETE〜 (Disc 2)3

3rdアルバム『eternity』の9曲目に”Orchestra Version”にて収録。

※『sure』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

サビ頭で始まるバラード楽曲、『sure』。

『Time goes by』や『fragile』など、ELTには有名なバラード作品がいくつかありますが、本作『sure』のようにサビで始まる構成のバラードは珍しいのではないでしょうか。

ちなみに、アルバム『eternity』の先行シングルは両A面の『Pray』と『Get Into A Groove』、そして本作『sure』がリリースされていましたが、いずれもサビで始まる構成を取っています。この時期(2000年前半)、サビ始まりで作曲するのが流行っていたのですかね。

本作『sure』の魅力はいろいろあるかと思いますが、個人的には持田香織の声に一票です。

時期によって歌い方や声質が変わる彼女ですが、アルバム『eternity』の頃が最もクセがなく聴きやすい歌い方をしているように思います。

そんな貴重な期間の中、本作『sure』では割と高めのキーで歌われる持田香織の声が聴けます。これがまた、美しいんですよ。

未試聴でしたら、ぜひどうぞ。

Amazonで試聴できます。

『sure』収録アルバムレビューリンク

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/今日の君と明日を待つ

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 メンバーが楽曲制作に携わる場合、ボーカルが作詞 …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/創生児

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活後も精力的に新作を発表してくれるのがとても嬉しいです。 テレビなんかでは、過去の名作を披露してくれることが時々ありますので …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/BELIEVE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】hide/PSYENCE

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】hide/Beauty & Stupid

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。