個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Smile Again

投稿日:2019年5月11日 更新日:

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。

1996年にデビューし、2016年に20周年を迎えました。

2000年前後ほどの派手なヒットはありませんが、とどまることなくコンスタントに活動を続けるユニットというのは、今や希少な存在ではないでしょうか。

今回は、『Every Little Thing』の楽曲、『Smile Again』のレビューです。

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

children

『Smile Again』の全体概要

基本情報

アーティストEvery Little Thing
曲名Smile Again
演奏時間4:30
作詞Every Little Thing
作曲五十嵐充
編曲五十嵐充

アルバム『eternity』が初出ですが、その後15thシングルとしてリリースされました。

この15thシングルは、同じく『eternity』収録の『Rescue me』と同時に収録されており、本作『Smile Again』と合わせて両A面の扱いとなっています(ちなみに、カップリング曲も同じく『eternity』収録の『The One Thing』)。

『Smile Again』収録アルバム

アルバム名トラック#
eternity8
Every Best Single 〜COMPLETE〜 (Disc 2)5
Every Cheering Songs13
Every Best Single 2 〜MORE COMPLETE〜 (Disc 2)5

3rdアルバム『eternity』の8曲目に収録。

『Rescue me』との両A面シングルのはずなのに、シングルベストの『Every Best Single 2』には片割れの『Rescue me』のみ収録で、本作『Smile Again』は未収録。

これは13thシングルの『Pray』と『Get Into A Groove』の関係と同じですね。

※『Smile Again』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

良くも悪くも普通の楽曲。”パンチが無い”という表現で言い換えてもいいかもしれません。

アルバムから流れてきたときに飛ばしたくなるほど不快ではないけど、わざわざサーチして探し出してまで聴こうと思ったことはないかな…というタイプの楽曲です。

本作『Smile Again』、アルバムリリース後にシングルカットされてしまったというのが、この楽曲のある種不幸な部分だと思っています。

本作『Smile Again』がシングルカットされているという事実を知ってしまった上でアルバム『eternity』を聴き始めるとなると、他のアルバム曲よりは多少期待を持ってしてしまいますからね。

なんというか、シングルカットされたことで、これから新たに聴き始めるリスナーに変な期待を持たせるプロフィールがくっ付いちゃっているような気がします。

アルバム『eternity』の中にキレイに溶け込んでいる楽曲ですし、あまり期待値を高めずに本作『Smile Again』を迎えてやるのが、この子と仲良くする秘訣かと思います。

Amazonで試聴できます。

『Smile Again』収録アルバムレビューリンク

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】PIERROT/「天と地」と「0と1」と

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 2006年突如解散してしまいましたが、最近になってライブを開催してみたりファンクラブを再始動させたりと …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/DESIRE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 後世に与えた音楽的影響度もさることながら、ファンのことを“SLAVE&#822 …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/Brand New Wave Upper Ground

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/あなた

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】ポケットビスケッツ/Red Angel

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。 メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止して …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。