個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Timeless Sleep

投稿日:2017年8月23日 更新日:

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。

女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。

丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET CROW』の魅力です。世間的には地味なイメージを持たれてそうですが、楽曲はとても味わい深くて、飽きずに長くお付き合いできますよ。

今回は、アルバム『SPARKLE 〜筋書き通りのスカイブルー〜』の3曲目、『Timeless Sleep』のレビューです。

※『GARNET CROW』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GARNET CROW

clock

『Timeless Sleep』の全体概要

基本情報

アーティストGARNET CROW
曲名Timeless Sleep
演奏時間4:37
作詞AZUKI七
作曲中村由利
編曲古井弘人

9thシングル。

アニメ”PROJECT ARMS”のエンディングテーマ。

『Timeless Sleep』収録アルバム

アルバム名トラック#
SPARKLE 〜筋書き通りのスカイブルー〜3
Best (Disc 1)12
THE BEST History of GARNET CROW at the crest… (Disc 1)9
THE ONE 〜ALL SINGLES BEST〜 (Disc 1)9
GARNET CROW REQUEST BEST (DISC 1)6

オリジナルアルバム『SPARKLE 〜筋書き通りのスカイブルー〜』の3曲目に収録。

他にも様々なベストアルバムに収録されています。

※『Timeless Sleep』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『Timeless Sleep』、日本語訳すると、”永遠の眠り”。

これが意味するところは、ずばり“死”でしょう。インディーズアルバム『first kaleidscope ~君の家に着くまでずっと走ってゆく~』収録曲、『永遠に葬れ』を連想してしまう曲名ですね。

『Timeless Sleep』、一言で表現するのがなかなか難しい1曲ですね。明るいわけではないんですが、曲名がほのめかすほど暗くもないです。

ただ、歌詞はところどころに”死”の匂いを感じますね。

明るくも暗くもない曲調に漂う”死”の香り…まるで、淡々とした日常の中で失った人を時々思い出すような、そんな雰囲気を感じます。

『GARNET CROW』は、こういう心情を音楽で描くのが非常に上手ですよね。

『GARNET CROW』を知ってしまうと、無性に聴きたくなる時があるんですが、きっとこの独特な世界観の中毒になっているんでしょう 笑。

『Timeless Sleep』収録アルバムレビューリンク

※『GARNET CROW』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GARNET CROW

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】黒夢/白と黒

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 1994年のメジャーデビュー後、順調にセールスを伸ばしていた中1999年に無期限の活動停止を発表。そしてその約10年後の2010年、 …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/今でも・・・あなたが好きだから

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】ポケットビスケッツ/Red Angel

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。 メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止して …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/とび魚のバタフライ

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/悲しきASIAN BOY

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!! 復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていって …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。