個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】PIERROT/パウダースノウ

投稿日:2019年7月23日 更新日:

宗教的なカリスマ性中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。

このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言葉が一般的ではありませんでしたが、今の基準で言えば”中二病”の定義にぴったり当てはまるバンドではないでしょうか。

そもそもヴィジュアル系というジャンルそのものが中二病患者にぶっ刺さりがちなのかもしれませんが、この『PIERROT』というバンドは中二病における幅広い症状(属性)に対応できるという点で特に多大な信者を生み出したものと思われます。

今回は、『PIERROT』の楽曲、『パウダースノウ』のレビューです。

※『PIERROT』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/PIERROT

mountain

『パウダースノウ』の全体概要

基本情報

アーティストPIERROT
曲名パウダースノウ
演奏時間4:40
作詞キリト
作曲キリト
編曲PIERROT & 成田忍

5thシングルのカップリング曲。

『パウダースノウ』収録アルバム

アルバム名トラック#
PRIVATE ENEMY8
DICTATORS CIRCUS -A deformed BUD- (Disc 1)6

メジャー2ndアルバム『PRIVATE ENEMY』の8曲目に収録。表記はありませんがこちらにはアルバムバージョンで収録されています。

※『パウダースノウ』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

シングル収録版とアルバム収録版で曲調が全く異なる作品『パウダースノウ』。

シングル版は『PIERROT』らしい音作りのミディアムテンポな曲調です。クリーン寄りのアルペジオのトーンが雪の降り積もる冬の風景を見せてくれます。いわゆるヴィジュアル系っぽいサウンドが好きであれば、すんなり馴染めるタイプの楽曲ではないでしょうか。

一方、アルバムバージョンの方はシングル版に比べると大人しめのアレンジ。クリーントーンではなくアコースティックギターが使われていたり、リズム隊の手数も控えめになっています。

こちらの方がより身に染みる寒さを感じますね。降り積もる風景というより、すでに降り積もった雪にうずもれているような絵が思い浮かびます。

演奏時間もシングル版に比べると2分ほど伸びており、本作『パウダースノウ』がアルバム『PRIVATE ENEMY』収録曲の中で最も演奏時間の長い楽曲となっています。

1曲だけつまみ食いする形で聴くならシングル版の『パウダースノウ』の方が好きですが、アルバム『PRIVATE ENEMY』を通して聴くとなると、アルバムバージョンの方が雰囲気はあっているのでしょう。

シングル版、アルバム版、それぞれの『パウダースノウ』の棲み分けは、私の中ではこんな感じです。

『パウダースノウ』収録アルバムレビューリンク

※『PIERROT』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/PIERROT

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/SEARCH FOR REASON

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 復活後も定期的に新作をリリースして楽しませてくれるのみならず、ライブでは最新の技術によって …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/ECO=System

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/心ここに在らず

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 女性ボーカルとギター、ベース、ドラムといった、シンプルな構成の4人ロックバンドで …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/ひとつだけ

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/END OF SORROW

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。