個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】PIERROT/ゲルニカ

投稿日:2019年7月23日 更新日:

宗教的なカリスマ性中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。

このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言葉が一般的ではありませんでしたが、今の基準で言えば”中二病”の定義にぴったり当てはまるバンドではないでしょうか。

そもそもヴィジュアル系というジャンルそのものが中二病患者にぶっ刺さりがちなのかもしれませんが、この『PIERROT』というバンドは中二病における幅広い症状(属性)に対応できるという点で特に多大な信者を生み出したものと思われます。

今回は、『PIERROT』の楽曲、『ゲルニカ』のレビューです。

※『PIERROT』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/PIERROT

euskadi

『ゲルニカ』の全体概要

基本情報

アーティストPIERROT
曲名ゲルニカ
演奏時間5:04
作詞キリト
作曲キリト
編曲PIERROT & 西脇辰弥

『ゲルニカ』収録アルバム

アルバム名トラック#
PRIVATE ENEMY9

メジャー2ndアルバム『PRIVATE ENEMY』の9曲目に収録。

※『ゲルニカ』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

ピカソの描いた有名な絵画の一つである“ゲルニカ”。ドイツ空軍によって爆撃されたスペインの都市”ゲルニカ”を主題としたものと言われています。

非常に不気味なこの白黒の絵画は、一度見たら忘れられないほど印象的ですよね。

そして、このピカソの作品をモチーフにして作られたと思われる楽曲が本作『ゲルニカ』です。

いやぁ、なんというか、『PIERROT』は中二病センサーに反応する言葉を選ぶのがうまいですよね。

『ゲルニカ』…!

まず、この”ゲルニカ”という語感、これがいいです。中二病患者がボソッと呟きそうな、何とも言えないナルシスティックな響きがあります 笑。

そして、”ゲルニカ”と名付けられたあのグロテスクな絵画。もう、完璧です。普通なら避けたくなるようなものに対して興味を示さずにはいられない中二病患者は、こういった絵画に目がありません。

語感と背景、『ゲルニカ』はその両方で中二病指数100点満点を獲得できる言葉と言ってよいでしょう。

さて、『PIERROT』の楽曲である本作『ゲルニカ』ですが、あの絵画のイメージ通り、ハードで重ためのサウンドに仕上がっています。

歌詞の内容は絵画の”ゲルニカ”を説明するように歌う箇所と、この絵画の様子を現代に投影する箇所とに分かれています。

現代に投影する箇所は”ゲルニカ”を引き合いにした警告といった感じですね。アルバム『PRIVATE ENEMY』の収録曲らしく、はっきりとした主張が本作『ゲルニカ』でもなされているという印象です。

『ゲルニカ』収録アルバムレビューリンク

※『PIERROT』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/PIERROT

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/INNOCENCE

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 同郷の友人で組んだバンドが天下を取るという、少年漫画もびっくりの熱いストーリーも『GLAY』の魅力の一つです。青春を …

【個別楽曲レビュー】PEDRO/MAD DANCE

“楽器を持たないパンクバンド”がキャッチコピーのアイドルグループ『BiSH』。そのメンバーの一人であるアユニ・Dのソロプロジェクトが『PEDRO』です。 アイドルのソロとしては …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/煌めく

2017年にメジャーデビューを果たしたバンド、『ポルカドットスティングレイ』!! ボーカルが紅一点の4人組ロックバンドで、有名どころで言えば、あの『JUDY AND MARY』と同じメンバー構成ですね …

【個別楽曲レビュー】GLAY/More than Love

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューが『X JAPAN』のYOSHIKIプロデュースだったこともあり、ヴィジュアル系というカテゴリーに分類される …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Brownie the cat -魅惑の猫ルーム-

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 元々3人組のバンド …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。