個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】PIERROT/FOLLOWER

投稿日:2019年7月25日 更新日:

宗教的なカリスマ性中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。

このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言葉が一般的ではありませんでしたが、今の基準で言えば”中二病”の定義にぴったり当てはまるバンドではないでしょうか。

そもそもヴィジュアル系というジャンルそのものが中二病患者にぶっ刺さりがちなのかもしれませんが、この『PIERROT』というバンドは中二病における幅広い症状(属性)に対応できるという点で特に多大な信者を生み出したものと思われます。

今回は、『PIERROT』の楽曲、『FOLLOWER』のレビューです。

※『PIERROT』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/PIERROT

fans

『FOLLOWER』の全体概要

基本情報

アーティストPIERROT
曲名FOLLOWER
演奏時間3:44
作詞キリト
作曲アイジ
編曲PIERROT & 西脇辰弥

6thシングル『AGITATOR』のカップリング曲。

『FOLLOWER』収録アルバム

アルバム名トラック#
PRIVATE ENEMY10
DICTATORS CIRCUS -A deformed BUD- (Disc 1)7

メジャー2ndアルバム『PRIVATE ENEMY』の10曲目に収録。

※『FOLLOWER』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

6thシングル『AGITATOR』のカップリング曲が本作『FOLLOWER』。

令和の現代、”フォロワー”と言えばTwitterに関する用語として定着していますが、このシングルがリリースされた2000年頃はもちろんそんな意味はありませんでした。

ここでの『FOLLOWER』という曲名は、A面の『AGITATOR(扇動者)』と対になる楽曲という位置づけで”追随者”という感じの意味でしょうかね。煽る側の『AGITATOR』と、それに乗せられる『FOLLOWER』という関係性を感じます。

個人的にはA面の『AGITATOR』よりカップリング曲の本作『FOLLOWER』の方が好きですね。疾走感と歌詞のワードセンスがいいなって思っています。

特に、1番で歌われている“盲目的な信奉者”っぷりが素敵です。

実際のところ、宗教的なカリスマ性を持っていた『PIERROT』の場合、本作『FOLLOWER』はまさにこのバンドのファンの心情に近いものが描かれているように感じます。

この楽曲がリリースされた数年後、『PIERROT』のファンクラブ名称が”Arlequin”から“FOLLOWERS”に変更されたのも、本作『FOLLOWER』の誕生と無関係でないように思うくらいです。

『FOLLOWER』収録アルバムレビューリンク

※『PIERROT』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/PIERROT

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】PIERROT/Adolf

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンドで知的で過激。当時の10代リスナーはある種の選民思想を抱きながら『PIERROT』の …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/見して 見して

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! シングルのリリースはあったものの、2018年7月現在、未だに復活後のオリジナルアルバムが発表されていません(*)。過去の名盤た …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/Waltz

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】B’z/Calling

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/BYE! MY BOY!

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。