個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】B’z/愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない

投稿日:2019年3月9日 更新日:

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。

『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティスト・トータル・セールス(CD)が歴代1位という記録は最もインパクトのあるものではないでしょうか。

シンプルに、日本の歴史上最もCDを売り上げたアーティストが、この『B’z』というバンドなのです…!

今回は、『B’z』の個別楽曲、『愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない』のレビューです。

※『B’z』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/B’z

wallpaper

『愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない』の全体概要

基本情報

アーティストB’z
曲名愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない
演奏時間3:56
作詞稲葉浩志
作曲松本孝弘
編曲松本孝弘 & 明石昌夫

12thシングルのA面曲。売上枚数約202万枚のダブルミリオンヒット作品。『B’z』のシングルの中で最も売上枚数の多い作品です。

『愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない』収録アルバム

アルバム名トラック#
B’z The Best “Pleasure”7
B’z The Best “ULTRA Pleasure” (The First RUN)8
B’z The Best XXV 1988-1998 (DISC1)12

『B’z』で最も売れた曲であるにも関わらず、オリジナルアルバム未収録。

※『愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

見て通り、非常に長いタイトルを持つ楽曲が本作『愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない』(真ん中のスペースを除けば全21文字)。

オリエンタルなメロディーに乗せ、サビの頭でこのタイトルまんまの歌詞を歌うという、非常に強烈かつキャッチーな楽曲です。

リリースから長らく190万枚台の売上を誇り、ダブルミリオンまであと少しという状態でしたが、2003年にマキシシングルとして再販されたタイミングでついにダブルミリオンを突破。本作『愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない』が『B’z』のシングル作品の中では唯一のダブルミリオンになります。

日本のダブルミリオン作品を振り返ってみると、社会現象を巻き起こすほど中毒性のある楽曲だったり(例『だんご3兄弟』等)、ドラマの主題歌になった感動的なラブバラードだったり(例『SAY YES』等)します。

そういう観点で見ると、本作『愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない』はドラマの主題歌になったとはいえ、”感動”ではなく“J-POP的なキャッチーさ”を売りにしてダブルミリオン突破というのが特殊に思えます。

言い方は悪いかもしれませんが、本作『愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない』は、誰かの人生に影響を与え続ける名曲というより、一時的な気持ちよさを満たす使い捨て的な楽曲に分類されると思うのです。

ただ一方で、そんな”使い捨て感”こそJ-POPに求められている大事な役割の一つだと私は考えています。結局のところ、ポップスという言葉は、日本語に訳せば”流行音楽”ですから。つまり、J-POPの本質は、消費と密接に絡んでいるということです。

この“消費されゆく音楽”というJ-POPの役割を見事全うした本作『愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない』がダブルミリオンという結果を残したところに、『B’z』というバンドが繰り出す作品のパワーを感じられるのではないでしょうか。

『B’z』が日本で最もCDを売ったアーティストである理由も、こういった”一つ一つの消費されゆく音楽”を確実にヒットさせてきたところにあるように思います。

そういう意味でも、ダブルミリオンを記録した本作『愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない』は、間違いなく『B’z』の代表曲と呼べるでしょう。

『愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない』収録アルバムレビューリンク

※『B’z』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/B’z

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/くじら12号

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/審美眼ブギ

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラした妖しい容姿、歌謡曲風の曲調、核心を突いた歌詞…そのどれもが絶妙なバランスの上に成り立つ唯一無二のバンドです。 一度 …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/BELIEVE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Fighting Spirit

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】MALICE MIZER/エーゲ〜過ぎ去りし風と共に〜

今や芸能人格付けチェックの常連というイメージが強い『GACKT』。その『GACKT』が在籍していたバンドが『MALICE MIZER』です。 音楽業界の中でも異端な扱いを受けがちなV系バンドですが、そ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。