個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Four Seasons

投稿日:2018年4月13日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

復活したものの、特に目立った活動もなく再休止するバンドもある中、イエモンこと『THE YELLOW MONKEY』は精力的に新作をリリースしてくれていますね。

この復活を機に、イエモンの楽曲の魅力が再評価されることを影ながら願っています。

今回は、アルバム『FOUR SEASONS』の1曲目、『Four Seasons』レビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

coffee

『Four Seasons』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名Four Seasons
演奏時間4:48
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

アルバム『FOUR SEASONS』と同名の楽曲ですが、厳密には、アルバム名の方は全て大文字表記という違いがあります。

『Four Seasons』収録アルバム

アルバム名トラック#
FOUR SEASONS1
TRIAD YEARS THE VERY BEST OF THE YELLOW MONKEY (act I)11

オリジナルアルバム『FOUR SEASONS』の1曲目に収録。

※『Four Seasons』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

新たな一歩を踏み出す心境を歌った(と思われる)楽曲、『Four Seasons』。

“新たな一歩”なんて言葉を使うと、ポジティブな内容という印象を受けがちですが、本作『Four Seasons』は新たな一歩を踏み出す上での不安迷いに焦点を当てた1曲となっています。やはりここは『THE YELLOW MONKEY』、一筋縄ではいきません 笑。

そしてなんといっても、この不安迷いの表現について、実に吉井和哉節が効いているんですよね。これが『Four Seasons』の聴きどころでしょう。

曲の冒頭、「まず僕は壊す」が印象的ではありますが、個人的には後半の「だけど」で始まる「○○が足りない」連呼が好きです。

新たな一歩を踏み出す時、あれもこれもと考えると、きっとこの「○○が足りない」って心境になると思うんです。もちろん、背景にある心情は不安と迷い。不安と迷いがあるが故に、”あれがあれば上手くいくんじゃないか”という思いが芽生え、結果、一歩を踏み出す上で「足りない」ものばかりを思い浮かべてしまう。。。

新たな一歩を踏み出すことは素敵なことですし、それを素直に背中を押すような応援歌には十分存在価値があると思います。

一方で、新たな一歩を踏み出す上で、不安迷いを一緒に共有する、そんなことに焦点を当てた楽曲だってあっていいはずです。そしてそんな楽曲が本作『Four Seasons』だと、そう思うのです。

Amazonで試聴できます。

『Four Seasons』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ポケットビスケッツ/Overture-Millennium-

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。 メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止して …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/FREAKS

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/夢みたあとで

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/今夜も眠れない(病的な意味で)

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …

【個別楽曲レビュー】hide/CRIME OF BREEN St.

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。