個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/I Love You Baby

投稿日:2018年4月14日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

復活したものの、特に目立った活動もなく再休止するバンドもある中、イエモンこと『THE YELLOW MONKEY』は精力的に新作をリリースしてくれていますね。

この復活を機に、イエモンの楽曲の魅力が再評価されることを影ながら願っています。

今回は、アルバム『FOUR SEASONS』の3曲目、『I Love You Baby』レビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

badminton

『I Love You Baby』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名I Love You Baby
演奏時間3:52
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

『I Love You Baby』収録アルバム

アルバム名トラック#
FOUR SEASONS3

オリジナルアルバム『FOUR SEASONS』の3曲目に収録。

※『I Love You Baby』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

演奏時間3分台でまとめた直球ロックナンバーの『I Love You Baby』。

曲名にもなった『I Love You Baby』というフレーズをほぼ繰り返すだけのサビの歌詞なんかにも、直球ロックのシンプルさを感じますね。

曲の内容自体はイエモンお得意の下ネタがテーマになっています。

下ネタをテーマにした楽曲はイエモンにたくさんあるのですが、アルバム『FOUR SEASONS』以降の下ネタには“コミカル”な視点が含まれるようになります。このアルバム以前は、どちらかというとロックバンドらしい”妖しさ”を纏う楽曲が多かったのですが、今のイエモンにも通じる”コミカル”な下ネタ楽曲が出だしたのは、この『I Love You Baby』が収録されている『FOUR SEASONS』が境界になっているように思うのです。

1つ前の4thアルバム『smile』でポップ路線を経験したことと、それまでの妖しさ溢れるイエモンとの融合が、この5thアルバム『FOUR SEASONS』のタイミングで発揮された結果なのかな、なんて勝手に考察しています 笑。

本作『I Love You Baby』で言えば、歌詞中に登場する「バトミントン」や「タンス」といった言葉選びが”コミカル”視点の一例でしょうか。

ロックバンドの下ネタ楽曲にこんなワードが出てくるのが吉井和哉特有のセンスだなって感じますし、そんなセンスが本作『I Love You Baby』の魅力でもあると思います。

Amazonで試聴できます。

『I Love You Baby』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/Miki Piano

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2 …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/本日未明

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 女性ボーカルとギター、ベース、ドラムといった、シンプルな構成の4人ロックバンドで …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/MAGIC PLACE

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 解散したわけではな …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/CREATIVE MASTER

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/今夜も眠れない(病的な意味で)

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。