個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/Say Anything

投稿日:2018年1月15日 更新日:

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。

YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを虜にした楽曲、どこを切り取っても、もはや芸術とまで呼んでしまえそうな、そんな唯一無二のバンド。

2007年の再結成は衝撃的な出来事でしたが、それから10年以上経つものの、オリジナルアルバムが1枚もリリースされないのがもどかしくもあり、『X JAPAN』らしくもある、そんな気持ちです 笑。

今回は、『X JAPAN』の楽曲、『Say Anything』のレビューです。

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

microphone

『Say Anything』の全体概要

基本情報

アーティストX JAPAN
曲名Say Anything
演奏時間8:43
作詞YOSHIKI
作曲YOSHIKI
編曲X

メジャーデビュー後の6thシングル。

Xが『X JAPAN』に改名する前のラストシングルにあたり、X時代最大のヒットシングルになります。

『Say Anything』収録アルバム

アルバム名トラック#
Jealousy10
X SINGLES11
B.O.X 〜Best of X〜 (Disc 1 Best of X)10
BALLAD COLLECTION6
STAR BOX12
X JAPAN BEST 〜FAN’S SELECTION〜 (Disc-2)2

メジャー2ndオリジナルアルバム『Jealousy』の10曲目に収録。本作『Say Anything』がアルバム『Jealousy』の最終トラックです。

その後、数多くのベストアルバムに収録されました。

※『Say Anything』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『X JAPAN』らしく、ピアノとストリングスを中心にまとめられたバラード『Say Anything』。

50万枚を超える売り上げを誇り、商業的に結構成功した作品なのですが、『X JAPAN』のバラードとしては、『ENDLESS RAIN』や『Forever Love』に一歩劣る知名度というところでしょうか。

個人的には…という話になりますが、『X JAPAN』のバラードの中では本作『Say Anything』がお気に入りです。『X JAPAN』のバラードはどれも美しい仕上がりなのですが、『Say Anything』は特に美しさが際立っているような気がするんです。

歌と歌の間のちょっとしたピアノのフレーズが、けっこうツボで。ささやかで主張しすぎず、それでいて存在感のあるピアノが最高です!

本作『Say Anything』、ベストアルバム『X JAPAN BEST 〜FAN’S SELECTION〜』では『Forever Love』を超える投票数を獲得しています。ファンの間では結構人気のあるバラードだということがわかりますね。

Amazonで試聴できます。

『Say Anything』収録アルバムレビューリンク

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/crying match

ギターボーカル担当の川谷絵音の不倫だったり、ドラム担当のほな・いこかが「さとうほなみ」名義で女優デビューしたりと、音楽面よりメンバーの素行が注目されてしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』 注目のされ方 …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/Forever Love

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/flying

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/もう会えなくなるなんて

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …

【個別楽曲レビュー】黒夢/DANCE 2 GARNET

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカル …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。