個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/Say Anything

投稿日:2018年1月15日 更新日:

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。

YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを虜にした楽曲、どこを切り取っても、もはや芸術とまで呼んでしまえそうな、そんな唯一無二のバンド。

2007年の再結成は衝撃的な出来事でしたが、それから10年以上経つものの、オリジナルアルバムが1枚もリリースされないのがもどかしくもあり、『X JAPAN』らしくもある、そんな気持ちです 笑。

今回は、『X JAPAN』の楽曲、『Say Anything』のレビューです。

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

microphone

『Say Anything』の全体概要

基本情報

アーティストX JAPAN
曲名Say Anything
演奏時間8:43
作詞YOSHIKI
作曲YOSHIKI
編曲X

メジャーデビュー後の6thシングル。

Xが『X JAPAN』に改名する前のラストシングルにあたり、X時代最大のヒットシングルになります。

『Say Anything』収録アルバム

アルバム名トラック#
Jealousy10
X SINGLES11
B.O.X 〜Best of X〜 (Disc 1 Best of X)10
BALLAD COLLECTION6
STAR BOX12
X JAPAN BEST 〜FAN’S SELECTION〜 (Disc-2)2

メジャー2ndオリジナルアルバム『Jealousy』の10曲目に収録。本作『Say Anything』がアルバム『Jealousy』の最終トラックです。

その後、数多くのベストアルバムに収録されました。

※『Say Anything』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『X JAPAN』らしく、ピアノとストリングスを中心にまとめられたバラード『Say Anything』。

50万枚を超える売り上げを誇り、商業的に結構成功した作品なのですが、『X JAPAN』のバラードとしては、『ENDLESS RAIN』や『Forever Love』に一歩劣る知名度というところでしょうか。

個人的には…という話になりますが、『X JAPAN』のバラードの中では本作『Say Anything』がお気に入りです。『X JAPAN』のバラードはどれも美しい仕上がりなのですが、『Say Anything』は特に美しさが際立っているような気がするんです。

歌と歌の間のちょっとしたピアノのフレーズが、けっこうツボで。ささやかで主張しすぎず、それでいて存在感のあるピアノが最高です!

本作『Say Anything』、ベストアルバム『X JAPAN BEST 〜FAN’S SELECTION〜』では『Forever Love』を超える投票数を獲得しています。ファンの間では結構人気のあるバラードだということがわかりますね。

Amazonで試聴できます。

『Say Anything』収録アルバムレビューリンク

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/Trouble On Monday

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2 …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/RAINBOW MAN

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活後も精力的に新作を発表してくれるのがとても嬉しいです。 テレビなんかでは、過去の名作を披露してくれることが時々ありますので …

【個別楽曲レビュー】B’z/BAD COMMUNICATION

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】黒夢/gossip

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカル …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/長いため息のように

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。