個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/虹

投稿日:2017年6月12日 更新日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

今回は『虹』の個別楽曲レビューです。

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

stained-glass

『虹』の全体概要

基本情報

アーティストL’Arc〜en〜Ciel
曲名
演奏時間5:08
作詞hyde
作曲ken
編曲L’Arc〜en〜Ciel & CHOKKAKU

『L’Arc〜en〜Ciel』、フランス語で”虹”を意味する名前を持つこのバンドの7thシングルです。

バンド名と曲名のリンクはもちろん、7thシングルってところがすごいですよね。虹といえば七色を連想しますから、それが7thシングルだなんて、かっこいいです…!

なお、本作『虹』は”るろうに剣心”の劇場版エンディングテーマとしてのタイアップがついていました。

『虹』収録アルバム

アルバム名トラック#
HEART5
Clicked Singles Best 134
The Best of L’Arc〜en〜Ciel 1994-199811
QUADRINITY 〜MEMBER’S BEST SELECTIONS〜 (Disc 3 ken best)7
TWENITY (1997-1999)1
WORLD’S BEST SELECTION5

オリジナルアルバム『HEART』収録。

『HEART』、『QUADRINITY 〜MEMBER’S BEST SELECTIONS〜』、『TWENITY (1997-1999)』、『WORLD’S BEST SELECTION』には”Album Version”での収録となっています。こちらはシングル版に比べては間奏の語り部分が鮮明に聴きとれるという違いがあります。

※『虹』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

これぞラルク!という雰囲気を持った1曲。

暗くて幻想的な空気が立ち込めています。『虹』という一見カラフルな曲名がついていますが、曲そのものを聴いた印象は、むしろモノクロです。かつてこんな『虹』があったでしょうか…!

いやぁ、本当にかっこいい曲です。

まず、アコースティックギターの静かなアルペジオから一転して爆発するサビに心を持っていかれます。サビの激しい演奏の中で、淡々と多い手数を刻むドラムが対照的で、これまたかっこいい。そしてドラマチックな展開を見せる歌メロ。hydeの声にピッタリです。

Aメロ、Bメロは穏やかに流れていきますが、tetsuyaのベースが曲の雰囲気を壊さないように動き回るのが素敵です。サビに比べて地味に聴こえるパートですが、tetsuyaらしくスライドしたり休符を入れたりしたベースのフレーズは何度聴いても飽きさせません。

本作『虹』、『L’Arc〜en〜Ciel』というバンドの一つの完成形と言ってもいいのではないでしょうか。それくらいこの曲はこのバンドじゃないと出せない魅力にあふれています。

Amazonで試聴できます。

『虹』収録アルバムレビューリンク

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

-個別楽曲レビュー
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/月の歌

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活したものの、特に目立った活動もなく再休止するバンドもある中、イエモンこと『THE YELLOW MONKEY』は精力的に新 …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/「天と地」と「0と1」と

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 2006年突如解散してしまいましたが、最近になってライブを開催してみたりファンクラブを再始動させたりと …

【個別楽曲レビュー】hide/PSYENCE

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/CELEBRATION

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/自転車

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。