個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/winter fall

投稿日:2017年6月13日 更新日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

今回は『winter fall』の個別楽曲レビューです。

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

snow

『winter fall』の全体概要

基本情報

アーティストL’Arc〜en〜Ciel
曲名winter fall
演奏時間4:53
作詞hyde
作曲ken
編曲L’Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano

8thシングル。

『L’Arc〜en〜Ciel』の歴史の中で、初めてオリコン1位を獲得したシングルになります。

『winter fall』収録アルバム

アルバム名トラック#
HEART2
Clicked Singles Best 135
The Best of L’Arc〜en〜Ciel 1994-199812
TWENITY (1997-1999)2

オリジナルアルバム『HEART』の2曲目に収録。

※『winter fall』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

曲名通り、”冬”をテーマにした1曲。

『L’Arc〜en〜Ciel』には”冬”をテーマにした曲として本作『winter fall』の他に『snow drop』も有名です。この2曲を比較するならば、個人的には『snow drop』の方が好きだったりします 笑。

本作『winter fall』、ストリングスの効いたアレンジが随所に散りばめれており、かなり印象的です。

歌メロと歌メロの間に聴こえる、ほんの1、2小節程度の演奏、『winter fall』で記憶に残っているのは全部ストリングス系です。例えば、AメロとBメロのつなぎだったり、Bメロの途中だったりといった部分。

何が言いたいかというと、ロックバンドなら、バンド外の音はできるだけ控えめにしてほしいなという、わがままな思いが私の中にあるってことです。

特に、歌メロと歌メロの間のつなぎなんかは”ここぞ!”とばかりにバンドサウンドを聴かせてほしい部分なんですよね。1番と2番の間奏のギターのアルペジオとか、どんどん盛り上がっていくイントロのベースとか、かっこいいバンドサウンド部分があるので、それをもっと曲全体的に聴かせてほしいな…なんて。

とはいえ、本作『winter fall』の曲自体の完成度はとても美しいです!

“ロックバンドならこうあってほしい!”というこだわりを捨てて、純粋に曲の良さを楽しむ1曲ではないでしょうか。聴き手側の変なこだわりのせいで見過ごすにはもったいない曲が世の中にたくさんあるはずですよね。私はそのこだわりをどこか捨てきれない部分があるようで…。

本作『winter fall』が素敵なのは頭では理解できても、心からオススメできない自分がいます…。

Amazonで試聴できます。

『winter fall』収録アルバムレビューリンク

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Just be you

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 1996年にデビューし、2016年に20周年を迎えました。 2000年前後ほどの派手なヒットはありませんが …

【個別楽曲レビュー】GLAY/君が見つめた海

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】hide/DOUBT

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】hide/HONEY BLADE

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Neurotic Celebration

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! このバンドを紹介する際、当たり前のように『THE YELLOW MONKEY』と打ち込んでいるわけですが、よく考えるとこの言葉 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。