個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/DIVE TO BLUE

投稿日:2017年6月14日 更新日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

今回は『DIVE TO BLUE』の個別楽曲レビューです。

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

fish

『DIVE TO BLUE』の全体概要

基本情報

アーティストL’Arc〜en〜Ciel
曲名DIVE TO BLUE
演奏時間5:31
作詞hyde
作曲tetsu
編曲L’Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano

9thシングル。

『DIVE TO BLUE』収録アルバム

アルバム名トラック#
ark5
Clicked Singles Best 136
The Best of L’Arc〜en〜Ciel 1998-20001
QUADRINITY 〜MEMBER’S BEST SELECTIONS〜 (Disc 2 tetsuya best)4

オリジナルアルバム『ark』の5曲目に収録。

『QUADRINITY 〜MEMBER’S BEST SELECTIONS〜』にはtetsu(現tetsuya)作曲の代表曲として収録されています。

※『DIVE TO BLUE』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『DIVE TO BLUE』という曲名から、”海へ飛び込む”様子を連想しがちですが、本作の”BLUE”が意味するものは”空”です。

なので、“DIVE”する先は”空”になります。

『L’Arc〜en〜Ciel』は”空へ落下する”という意味の表現をかなり多用しています(特に初期)。

ラルクの空に落ちる系ソングとしてパッと思い当たるのは、1stアルバム『Tierra』収録の『In the Air』だったり、『White Feathers』あたりですかね。どちらもアルバムの曲としては人気のある曲です。

本作『DIVE TO BLUE』も空に落ちる系ソングの一つですが、『In the Air』や『White Feathers』に比べて曲調も歌詞もかなりポップで前向きな仕上がりになっています。

それでいて、『DIVE TO BLUE』はこれまでのラルクが得意としていた”空に落ちる”という幻想的な雰囲気がみごとに共存しています!イントロのディレイの効いたギターとか、いい感じで浮遊感だしていますもんね。

また、歌詞の方はちょくちょくノスタルジックなフレーズが出てきます。”空に落ちる”幻想的浮遊感と、歌詞の醸し出すノスタルジックな切なさが非常にマッチして、日本人の大好きな“切なくてかっこいい”がふんだんに詰まっています

ええ、そりゃ売れますわ。

Amazonで試聴できます。

『DIVE TO BLUE』収録アルバムレビューリンク

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Lies and Truth

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/IN FUTURE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 再始動前の2009年、『LUNA SEA』のリードギターを担当するSUGIZOがHIDEの …

【個別楽曲レビュー】hide/ROCKET DIVE

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/恋することしか出来ないみたいに

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 メンバーが楽曲制作に携わる場合、ボーカルが作詞 …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Balloon Balloon

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。 離れ離れになっていた十数年とい …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。