個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/HONEY

投稿日:2017年6月15日 更新日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

今回は『HONEY』の個別楽曲レビューです。

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

pansy

『HONEY』の全体概要

基本情報

アーティストL’Arc〜en〜Ciel
曲名HONEY
演奏時間3:47
作詞hyde
作曲hyde
編曲L’Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano

10thシングルのタイトル曲。『花葬』、『浸食 〜lose control〜』とともに3枚同時リリースされました。

なお、『HONEY』のシングル総売り上げ枚数は約124万枚に達しています。この数字はさいたま市の人口に匹敵します。

1998年のリリースからずいぶん経った2016年、アニメ”ReLIFE”の第4話エンディングテーマになったりも。

『HONEY』収録アルバム

アルバム名トラック#
ray3
Clicked Singles Best 137
The Best of L’Arc〜en〜Ciel 1998-20002
QUADRINITY 〜MEMBER’S BEST SELECTIONS〜 (Disc 1 hyde best)2
TWENITY (1997-1999)7
WORLD’S BEST SELECTION10

オリジナルアルバム『ray』の3曲目に収録。

その後はベストアルバムの常連とも言えるほど、数々のアルバムに収録されています。

※『HONEY』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

“スルメ曲”という言葉があります。最初の印象はイマイチだったけど、聴いていくうちに良いと思える曲という意味です。噛めば噛むほど味の出るスルメに例えた表現ですね。

実は私、本作『HONEY』はスルメ曲だと思っています!

本作『HONEY』の第一印象、それはシンプルに”かっこいい曲”でした。

スピード感があって耳に残るサビのメロディー。当時中学生だった私にとって、それらは”かっこいい曲”の定義を十分に満たす要素でした。

時は流れて高校生、大学生くらいになってくると、こういう”わかりやすい曲”に飽きてきて、もっとマイナーな曲だったり洋楽だったりに傾倒していきます。中二病ならぬ、高二病とか大二病ってやつだったのかもしれません。

そして社会人になった今、改めて、いや、中学生だった頃よりも『HONEY』を“かっこいい曲”だと思って聴いています。

いろんな曲を聴いてきて、『HONEY』のメロディーに危うさとポップさが絶妙なバランスで共存していることに気づきました。歌うようなベースの動きとか、特筆すべきところは他にもあるんですが、あえて『HONEY』の素晴らしさを挙げるなら、やはり歌メロだと思います。

このバランス加減は…かっこいいです…!

Amazonで試聴できます。

『HONEY』収録アルバムレビューリンク

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

-個別楽曲レビュー
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】PIERROT/不謹慎な恋

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】黒夢/Unlearned Man

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカル …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/真実と幻想と

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】Janne Da Arc/Stranger

2019年、突如解散を発表した『Janne Da Arc』。 キーボードを絡めたカラフルな音色、個々の卓越した演奏技術による派手なサウンド、そしてキャッチーなメロディーラインが魅力的な楽曲をいくつも生 …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/ドキドキ

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。