個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/出逢った頃のように

投稿日:2018年2月17日 更新日:

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。

特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダンスっぽいサウンドを見事に融合させた、ザ・J-POPでした。

これが日本人の心に響かないわけがない!

今回は、『Every Little Thing』の楽曲、『出逢った頃のように』のレビューです。

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

beach

『出逢った頃のように』の全体概要

基本情報

アーティストEvery Little Thing
曲名出逢った頃のように
演奏時間4:24
作詞五十嵐充
作曲五十嵐充
編曲五十嵐充

5thシングル。2000年に『Every Little Thing』を脱退した五十嵐充が作詞・作曲・編曲を担当。

五十嵐充が脱退する前にリリースされたシングルの中では、唯一の日本語曲名。

『出逢った頃のように』収録アルバム

アルバム名トラック#
Time to Destination8
Every Best Single +35
Every Best Single 〜COMPLETE〜 (Disc 1)5
Every Best Single 2 〜MORE COMPLETE〜 (Disc 1)5

オリジナルアルバム『Time to Destination』の8曲目に収録。

※『出逢った頃のように』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

イントロなしで始まるサビが印象的な1曲、『出逢った頃のように』。夏の香りに溢れる、爽やかな楽曲です。

歌詞の内容はというと、恋する女性の気持ちを歌ったものになっています。

星占いに飽きたり、デートに着ていく服に悩んだり、恋する女性が取るであろう行動を描いています。1番Bメロ最後に出てくる「夏の恋の魔法」なんてフレーズも、主人公の人物像を象徴する一節ですね。

女性というより、むしろ乙女って言葉が似合うくらいのイメージかもしれません。

一方で、”出会った頃のような気持で、この先もいたい”という本作のテーマは、裏を返すと”出会った頃のような気持でいるのは難しい”ことを既に知っている、そんな人物が主人公であるとも取れます。

歌詞中の言葉からは乙女チックなイメージを抱きますが、実はそこそこ経験豊かな主人公なのかもしれませんね。

そんな恋する女性の気持ちを歌った『出逢った頃のように』、作詞を担当したのは当時20代後半だった五十嵐充。おもいっきり男性です。

Amazonで試聴できます。

『出逢った頃のように』収録アルバムレビューリンク

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/そのスピードで

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …

【個別楽曲レビュー】GLAY/嫉妬 (KURID/PHANTOM mix)

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/品川ナンバー

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 メンバーの中ではボーカルの「やくしまるえつこ」がソロでも曲を出し …

【個別楽曲レビュー】B’z/Real Thing Shakes

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Foxy Blue Love

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! このバンドを紹介する際、当たり前のように『THE YELLOW MONKEY』と打ち込んでいるわけですが、よく考えるとこの言葉 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。