個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Only Stay

投稿日:2018年4月10日 更新日:

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。

女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。

メンバーが楽曲制作に携わる場合、ボーカルが作詞を担当するケースが多いのがJ-POPですが、『GARNET CROW』はキーボードのAZUKI七が作詞し、ボーカルの中村由利は作曲を担当しています。『GARNET CROW』特有とも言える、少し変わった役割分担ですね。

今回は、アルバム『Crystallize 〜君という光〜』の10曲目、『Only Stay』のレビューです。

※『GARNET CROW』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GARNET CROW

sunset

『Only Stay』の全体概要

基本情報

アーティストGARNET CROW
曲名Only Stay
演奏時間4:35
作詞AZUKI七
作曲中村由利
編曲古井弘人

『Only Stay』収録アルバム

アルバム名トラック#
Crystallize 〜君という光〜10

オリジナルアルバム『Crystallize 〜君という光〜』の10曲目。

※『Only Stay』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

たった3秒のイントロの後、突然始まるサビが印象的な楽曲『Only Stay』。

メロディアスかつ力強いアレンジの楽曲で、アルバム『Crystallize 〜君という光〜』の10曲目にして、ラストスパートをかけるように盛り上がっていく感じがすごくいいです。

本作『Only Stay』、多分、アルバムの2曲目辺りに置いても”これから盛り上げるよ~”という形で十分仕事するんでしょうけど、10曲目(実質最後から2曲目)に置くことで、ちょっとした感動すら覚えるような、フィナーレに向かっていく盛り上がり方を演じてくれています。

アルバム『Crystallize 〜君という光〜』における『Only Stay』の配置に、そんな絶妙さ感じますね。

それから、本作『Only Stay』は歌詞に使う言葉選びがけっこうおもしろいなとも思います。

『GARNET CROW』の割に“乱暴”な言葉が選ばれているな、と。

「投げ合い」、「排斥」、「消費」等々、一つ一つを見れば『GARNET CROW』として歌詞中に使ってもおかしくはない言葉たちなんですけどね。楽曲の雰囲気も相まってか、1曲の中にこういった言葉が詰め込まれていると、”乱暴”な印象をうけてしまいます。

ただ、そんな”乱暴”な『GARNET CROW』も悪くないです!

人によってはちょっとした中毒性を感じるかもしれません。

『Only Stay』収録アルバムレビューリンク

※『GARNET CROW』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GARNET CROW

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/ホワイトワルツ

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。 とは言え、有名人が不倫 …

【個別楽曲レビュー】MALICE MIZER/Bois de merveilles

今や芸能人格付けチェックの常連というイメージが強い『GACKT』。その『GACKT』が在籍していたバンドが『MALICE MIZER』です。 音楽業界の中でも異端な扱いを受けがちなV系バンドですが、そ …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Vivid Colors

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/the silver shining

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/THE FIRST CRY IN HADES (GUILTY)

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。