アルバムレビュー

【アルバムレビュー】GARNET CROW/Crystallize 〜君という光〜

投稿日:2018年3月31日 更新日:

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。

女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。

メンバーが楽曲制作に携わる場合、ボーカルが作詞を担当するケースが多いのがJ-POPですが、『GARNET CROW』はキーボードのAZUKI七が作詞し、ボーカルの中村由利は作曲を担当しています。『GARNET CROW』特有とも言える、少し変わった役割分担ですね。

今回は、彼女たちの3rdアルバムとしてリリースされた『Crystallize 〜君という光〜』のレビューです。

※『GARNET CROW』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GARNET CROW

ice-crystal

『Crystallize 〜君という光〜』の全体概要

アーティストGARNET CROW
アルバム名Crystallize 〜君という光〜
発売日2003/11/12
収録曲数12
演奏時間53:05

サブタイトルの”君という光”は14thシングルの表題曲でもあります。

演奏時間はトータルで53:05です。東海道線で、東京・藤沢間くらいの時間です。

レビュー

『Crystallize 〜君という光〜』の収録曲別お気に入り度

各収録曲のお気に入り度はこんな感じです。

#曲名お気に入り度
1今日の君と明日を待つ★★★★☆4
2君という光★★★★★5
3スパイラル★★★★★5
4泣けない夜も 泣かない朝も★★★☆☆3
5クリスタル・ゲージ★★★★★5
6Marionette Fantasia★★★★☆4
7永遠を駆け抜ける一瞬の僕ら★★★☆☆3
8Endless Desire★★★★☆4
9逃れの町★★★☆☆3
10Only Stay★★★★☆4
11恋することしか出来ないみたいに★★★★☆4
12夢みたあとで -lightin’ grooves True meaning of love mix-★★★☆☆3

シングル曲が4曲収録されていますが、いずれも前半に配置。そして、そのシングル曲がひと際秀逸です。

最終トラックはヒット曲『夢みたあとで』のリミックス。

※『Crystallize 〜君という光〜』収録曲ごとの個別楽曲レビューもしています。こちらからどうぞ。

『Crystallize 〜君という光〜』全体の感想

シングル楽曲の『クリスタル・ゲージ』と『君という光』を意識したようなタイトルを付けられたアルバム『Crystallize 〜君という光〜』。

確かに、『クリスタル・ゲージ』も『君という光』も、非常に完成度の高い楽曲です。

アルバム全体としては、過去の作品に比べるとポップな楽曲が多いという印象です。サビがわかりやすい楽曲が多数収録されていると言ってもいいかもしれません。

特に、#8 『Endless Desire』や#11 『恋することしか出来ないみたいに』はシングルカットされても不思議じゃないくらい、キャッチーで覚えやすい楽曲です。

ただ、どれもキャッチーなだけで似たり寄ったりな雰囲気というわけでは無く、それぞれの楽曲が個性を持って差別化されています。こういうところに『GARNET CROW』の丁寧な楽曲づくり意識を感じますね。

2nd『SPARKLE 〜筋書き通りのスカイブルー〜』アルバムと同様、本作アルバムも最後にオマケ的に既存楽曲のリミックスが収録されています。

この手法については、2ndアルバム『SPARKLE 〜筋書き通りのスカイブルー〜』のレビューで言及しています。

結論だけ言うと、リミックス曲で収録数を稼ぐのは、あんまり好きじゃないです 笑。

『Crystallize 〜君という光〜』収録曲の個別楽曲レビューリンク

※『GARNET CROW』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GARNET CROW

-アルバムレビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【アルバムレビュー】X JAPAN/Vanishing Vision

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【アルバムレビュー】hide/PSYENCE

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【アルバムレビュー】B’z/SURVIVE

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 日本におけるアーティスト・トータル・セールス(CD)が歴代1位という記録を保持している『B’z』ですが …

【アルバムレビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Clicked Singles Best 13

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【アルバムレビュー】ゴールデンボンバー/ゴールデン・アルバム

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。