個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/永遠を駆け抜ける一瞬の僕ら

投稿日:2018年4月7日 更新日:

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。

女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。

メンバーが楽曲制作に携わる場合、ボーカルが作詞を担当するケースが多いのがJ-POPですが、『GARNET CROW』はキーボードのAZUKI七が作詞し、ボーカルの中村由利は作曲を担当しています。『GARNET CROW』特有とも言える、少し変わった役割分担ですね。

今回は、アルバム『Crystallize 〜君という光〜』の7曲目、『永遠を駆け抜ける一瞬の僕ら』のレビューです。

※『GARNET CROW』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GARNET CROW

wall

『永遠を駆け抜ける一瞬の僕ら』の全体概要

基本情報

アーティストGARNET CROW
曲名永遠を駆け抜ける一瞬の僕ら
演奏時間4:15
作詞AZUKI七
作曲中村由利
編曲Miguel Sá Pessoa & 古井弘人

時々『GARNET CROW』の編曲に携わっているMiguel Sá Pessoa(ミゲル・サ・ペソア)。アルバム『Crystallize 〜君という光〜』の中では本作『永遠を駆け抜ける一瞬の僕ら』のみの登場です。

曲名に出てくる「永遠」の読みは”えいえん”ではなく”とわ”。

『永遠を駆け抜ける一瞬の僕ら』収録アルバム

アルバム名トラック#
Crystallize 〜君という光〜7
Best (Disc 2)5

オリジナルアルバム『Crystallize 〜君という光〜』の7曲目。

※『永遠を駆け抜ける一瞬の僕ら』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

曲名に「駆け抜ける」とか「一瞬」なんて言葉が入っているので、疾走感のある楽曲を期待してしまいますが(私だけ?)、実態はミディアムテンポな楽曲。

『GARNET CROW』側には”曲名で騙してやろう”なんて意図はないでしょうから、私の早とちりです。

本作『永遠を駆け抜ける一瞬の僕ら』はおしゃれなピアノが心地いいですね。

このピアノの音に地中海の晴れた空を連想します。歌詞中にそんなワードは出てこないんですけどね。おだやかでカラッとした地中海の雰囲気を感じる、そんなアレンジです。

歌詞を見ておもったのですが、2番Aメロの歌詞、「偉大」と書いて「すき」と読ませているんですね。作詞担当のAZUKI七は、こういった普通にはない読ませ方をすることが多いのですが、「偉大」と書いて「すき」と読むというのは…かなりぶっ飛んでませんか!?

一見しただけでは読み方がわからないという意味で、キラキラネームならぬ、キラキラリリックとでも呼びたいレベルです 笑。

『永遠を駆け抜ける一瞬の僕ら』収録アルバムレビューリンク

※『GARNET CROW』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GARNET CROW

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/JIRENMA

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】hide/BLUE SKY COMPLEX

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Home Sweet Home

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/trick

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/サリーマリー

ギターボーカル担当の川谷絵音の不倫だったり、ドラム担当のほな・いこかが「さとうほなみ」名義で女優デビューしたりと、音楽面よりメンバーの素行が注目されてしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』 注目のされ方 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。