個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】黒夢/心臓

投稿日:

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。

1994年のメジャーデビュー後、順調にセールスを伸ばしていた中1999年に無期限の活動停止を発表。そしてその約10年後の2010年、活動が再開され現在に至ります。

ちなみに、1994年は『黒夢』の他に『GLAY』や『L’Arc〜en〜Ciel』がメジャーデビューを果たした年でもあります。

今回は、『黒夢』の楽曲、『心臓』のレビューです。

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

『心臓』の全体概要

基本情報

アーティスト黒夢
曲名心臓
演奏時間1:35
作詞
作曲佐久間正英
編曲黒夢 & 佐久間正英

『心臓』収録アルバム

アルバム名トラック#
feminism1

アルバム『feminism』の1曲目に収録。

※『心臓』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

アルバム『feminism』の1曲目を飾るのは、曲名通り心臓の鼓動が鳴り続けるという作品。

歌唱が入っていないという意味ではインストという部類に入るのでしょうかね。

本作『心臓』には楽器の演奏すらまともに入っていないので、個人的にはこの作品をインストと呼ぶのに少し抵抗がありますが。

アルバム『feminism』における本作『心臓』の立ち位置は、次曲『解凍実験』の前フリというところでしょうか。『解凍実験』の曲中で「心臓」を「解凍」すると言っていますし。

そして、本作『心臓』を受けて展開される次曲『解凍実験』も、アルバム『feminism』全体で見るとまだ前フリ段階という構成がおもしろいですね。

1曲目の『心臓』で鼓動を鳴らし、2曲目の『解凍実験』で「心臓」を「解凍」。その結果目覚めるのがアルバムと同名の3曲目『feminism』

アルバム『feminism』はこの3曲目の『feminism』以降が本編という構成だと思いますが、そこに至るまでに2曲を費やすというのはなかなかに手の込んだ仕掛けになっているなと感じます。

ところで、本作『心臓』は作曲が佐久間正英氏となっています。

アルバム1曲目に佐久間正英氏作曲のインストが入っているという意味では、『GLAY』のメジャー1stアルバム『SPEED POP』を思い出しますね。

こちらも同じく佐久間正英氏作曲のインストが1曲目に収録されていますし、1995年にリリースされているという点もアルバム『feminism』と共通点があります。

…”だからどうした?”って話ですよね。すみません、特に主張したいことはないです 笑。

Amazonで試聴できます。

『心臓』収録アルバムレビューリンク

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Home Sweet Home

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/オル■スム

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Marionette Fantasia

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 メンバーが楽曲制作に携わる場合、ボーカルが作詞 …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/Last Love Letter

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】B’z/love me, I love you

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。