個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/There will be love there -愛のある場所-

投稿日:2017年3月17日 更新日:

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!!

UKロック風のバンドサウンドアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です!

 

そんな『the brilliant green』のメンバ構成は女性ボーカルとベースの2人組となっています。元々は3人組でしたが、2010年にギターが脱退して今の形になりました。

 

今回は、『the brilliant green』の個別楽曲、『There will be love there -愛のある場所-』のレビューです。

 

daisy

全体概要

基本情報

アーティスト the brilliant green
曲名 There will be love there -愛のある場所-
演奏時間 4:02
作詞 川瀬智子
作曲 奥田俊作
編曲 the brilliant green & 笹路正徳

the brilliant greenとしては珍しく、編曲に外部プロデューサーが加わっています。ドラマの主題歌に選ばれたことから、レコード会社側も気合が入っていたのかもしれませんね。

 

2016年、アニメ”ReLIFE”の第9話エンディングテーマになったりもしました。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
complete single collection ’97-’08 3
the brilliant green 9

『complete single collection ’97-’08』の3曲目に収録されています。『complete single collection ’97-’08』は発表順にシングルを収録しているので、『There will be love there -愛のある場所-』は3rdシングルだということがわかります。

また、バンド名と同名の1stアルバム、『the brilliant green』にも9曲目に収録されています。

 

レビュー

『There will be love there -愛のある場所-』はthe brilliant greenの中で最も売り上げ枚数の多いシングルで、約88万枚を記録しています。ちなみに、この88万という数字、東京都世田谷区の人口と同じくらいです。

the brilliant greenで最も売れたシングルということもあり、いろんなアーティストにカバーされています。

有名なところでは、『JUJU』とか、

 

TV番組あいのりの主題歌を歌っていた『Mi』なんかがカバーしています。

 

さて、『There will be love there -愛のある場所-』、ヒットの要因としてはドラマの主題歌に選ばれたことが大きかったのでしょうが、the brilliant green川瀬智子のアンニュイなのにメルヘン感のあるボーカルが花開いたことも要因の一つではと思っています。

サビの歌声には1stシングルの『Bye Bye Mr.Mug』や2ndシングルの『goodbye and good luck』では見られなかったメルヘン感があふれ出ています!

特にサビの一発目のフレーズは、ハモリも相まって、一度聴いたら忘れられないメルヘンな印象を残します。この曲をちゃんと認識していない人でも、サビの一発目を聴けば、「あ~、この曲ね」となること間違いなしです!

 

とはいえ、AメロやBメロは相変わらずアンニュイな感じが残っています。そこがまたサビとのギャップになっていて魅力的です!

『There will be love there -愛のある場所-』でアンニュイ感メルヘン感のバランスが確立され、今後のthe brilliant greenの音楽性を大きく方向付けた1曲だったのではないでしょうか。

公式MVはyoutubeに上がっていませんが、Amazonで視聴できます。

 

『There will be love there -愛のある場所-』が収録されているアルバム『complete single collection ’97-’08』と『the brilliant green』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】the brilliant green/complete single collection ’97-’08

【アルバムレビュー】the brilliant green/the brilliant green

-個別楽曲レビュー
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ZONE/H・A・N・A・B・I 〜君がいた夏〜

“バンド”でも”アイドル”でもない“バンドル”という新しいジャンルで活動を始めた4人組グループ『ZONE』。 途中で本当に楽器を …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/真珠色の革命時代(Pearl Light Of Revolution)

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!! 復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていって …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/親知らず

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/ピリオドの雨

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活したものの、特に目立った活動もなく再休止するバンドもある中、イエモンこと『THE YELLOW MONKEY』は精力的に新 …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/UNFINISHED

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。