個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/There will be love there -愛のある場所-

投稿日:2017年3月17日 更新日:

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!!

UKロック風のバンドサウンドアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です!

そんな『the brilliant green』のメンバ構成は女性ボーカルとベースの2人組となっています。元々は3人組でしたが、2010年にギターが脱退して今の形になりました。

今回は、『the brilliant green』の個別楽曲、『There will be love there -愛のある場所-』のレビューです。

※『the brilliant green』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/the brilliant green

daisy

『There will be love there -愛のある場所-』の全体概要

基本情報

アーティストthe brilliant green
曲名There will be love there -愛のある場所-
演奏時間4:02
作詞川瀬智子
作曲奥田俊作
編曲the brilliant green & 笹路正徳

3rdシングル。

『the brilliant green』としては珍しく、編曲に外部プロデューサーが加わっています。ドラマの主題歌に選ばれたことから、レコード会社側も気合が入っていたのかもしれませんね。

2016年、アニメ”ReLIFE”の第9話エンディングテーマになったりもしました。

『There will be love there -愛のある場所-』収録アルバム

アルバム名トラック#
the brilliant green9
complete single collection ’97-’083

バンド名と同名の1stアルバム、『the brilliant green』の9曲目に収録。

※『There will be love there -愛のある場所-』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

本作『There will be love there -愛のある場所-』はthe brilliant greenの中で最も売り上げ枚数の多いシングルで、約88万枚を記録しています。ちなみに、この88万という数字、東京都世田谷区の人口と同じくらいです。

『the brilliant green』で最も売れたシングルということもあり、いろんなアーティストにカバーされています。

有名なところでは、『JUJU』とか。

それから、TV番組あいのりの主題歌を歌っていた『Mi』なんかがカバーしています。

さて、本作『There will be love there -愛のある場所-』、ヒットの要因としてはドラマの主題歌に選ばれたことがやはり大きいのでしょう。

しかし、本作のタイミングで『the brilliant green』川瀬智子のアンニュイなのにメルヘン感のあるボーカルが花開いたこともヒットの要因の一つではと思っています。

サビの歌声には1stシングルの『Bye Bye Mr.Mug』や2ndシングルの『goodbye and good luck』では見られなかったメルヘン感があふれ出ています!

特にサビの一発目のフレーズは、ハモリも相まって、一度聴いたら忘れられないメルヘンな印象を残します。この曲をちゃんと認識していない人でも、サビの一発目を聴けば、”あ~、この曲ね”となること間違いなしです!

とはいえ、AメロやBメロは相変わらずアンニュイな感じが残っています。そこがまたサビとのギャップになっていて魅力的です!

『There will be love there -愛のある場所-』でアンニュイ感メルヘン感のバランスが確立され、今後の『the brilliant green』の音楽性を大きく方向付けた1曲だったのではないでしょうか。

Amazonで試聴できます。

『There will be love there -愛のある場所-』収録アルバムレビューリンク

※『the brilliant green』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/the brilliant green

-個別楽曲レビュー
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/IN MIND

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 復活後も定期的に新作をリリースして楽しませてくれるのみならず、ライブでは最新の技術によって …

【個別楽曲レビュー】GLAY/mister popcorn

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】GLAY/3年後

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了 …

【個別楽曲レビュー】GLAY/君が見つめた海

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】B’z/BLOWIN’

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。