個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/冷たい花

投稿日:2017年3月18日 更新日:

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!!

UKロック風のバンドサウンドアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です!

そんな『the brilliant green』のメンバ構成は女性ボーカルとベースの2人組となっています。元々は3人組でしたが、2010年にギターが脱退して今の形になりました。

今回は、『the brilliant green』の個別楽曲、『冷たい花』のレビューです。

※『the brilliant green』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/the brilliant green

tulip

『冷たい花』の全体概要

基本情報

アーティストthe brilliant green
曲名冷たい花
演奏時間4:39
作詞川瀬智子
作曲奥田俊作
編曲the brilliant green

4thシングル。

3rdシングルの『There will be love there -愛のある場所-』では、編曲に外部プロデューサーが付いていましたが、4thシングルの『冷たい花』ではこれまで通り、『the brilliant green』のみでの編曲となっています。

『冷たい花』収録アルバム

アルバム名トラック#
the brilliant green2
complete single collection ’97-’084

バンド名と同名の1stアルバム、『the brilliant green』の2曲目に収録。

※『冷たい花』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

なんだこのかっこいい曲…!

本作『冷たい花』、まさに、UKロック風のバンドサウンドアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルが大きく化学反応を起こした1曲です!

本作『冷たい花』を一言で表現するなら、濁った透明感という言葉が適当なのではないでしょうか。

ゆったりとしたテンポ、曲の雰囲気を壊さないでハーモニーを支えるベース、右チャンネルでコードストロークを繰り返すアコースティックギター、そして終始鳴りやまない左チャンネルの歪んだギターが、ずっしりとした重さを演出しています。

しかし、そこに川瀬智子のアンニュイなのにメルヘン感のある歌声が乗ることで、コップの水に墨を沈殿させたような、底に蠢く黒い塊と光を反射させる水面が同時に共存する、独特な世界観を作り上げています。

スローテンポの曲でリズム的な仕掛けもなく、かと言ってピアノが散りばめられたバラードでもないため、普通なら退屈な仕上がりになってしまいそうですが、本作『冷たい花』の持つ上記の世界観に魅了されてしまい、本当に何度でも聴いてしまえます。

特にサビは美しさは特筆すべきでしょう。

UKロック風バンドサウンドの上で高低を行ったり来たりする歌のメロディと川瀬智子のボーカルがみごとにマッチして、濁った透明感全開です!

本作『冷たい花』でしか味わえない雰囲気に病みつきになること間違いなしです!

本当に、『the brilliant green』はもっと評価されるべき!

Amazonで試聴できます。

『冷たい花』収録アルバムレビューリンク

※『the brilliant green』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/the brilliant green

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】黒夢/ROCK ‘N’ ROLL

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで …

【個別楽曲レビュー】hide/LASSIE (demo master version)

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】hide/OEDO COWBOYS (In Low-Fi Mono!)

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/女々しくて

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/LOVELESS

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。