個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】相対性理論/チャイナアドバイス

投稿日:2018年1月24日 更新日:

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』!

実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。

最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した現在、当時の勢いを感じられていないというのが正直なところ。もう一度我々をざわつかせてくれる日を待っています。

今回は、『シンクロニシティーン』の4曲目『チャイナアドバイス』のレビューです。

※『相対性理論』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/相対性理論

yokohama

『チャイナアドバイス』の全体概要

基本情報

アーティスト相対性理論
曲名チャイナアドバイス
演奏時間3:03
作詞真部脩一
作曲真部脩一
編曲?

『チャイナアドバイス』収録アルバム

アルバム名トラック#
シンクロニシティーン4

『シンクロニシティーン』の4曲目に収録されています。

※『チャイナアドバイス』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

オリエンタルなメロディーとダジャレみたいな歌詞が印象的で、非常に『相対性理論』らしい1曲、『チャイナアドバイス』。

中国の”チャイナ“と、某事務所の社長の決め台詞のように”○○しちゃいな“という言い回しをかけた歌詞になっています。

「○○しちゃいな」と”忠告”しているから、『チャイナアドバイス』という曲名がついているのでしょう。

ただ、ダジャレみたいな、一見ふざけたような歌詞でありながら、実は”略奪愛”という、一本筋の通ったストーリーが隠れている(と思っている)のがけっこう好きです。

「○○しちゃいな」って言っている内容も、結局は“あいつと別れちゃえ”ってことと、“わたしと付き合っちゃえ”ってこととしか「アドバイス(?)」してないですからね 笑。

しかし、やくしまるえつこの声でこの内容の歌を歌われるのは反則です!本当にアドバイスに従ってしまいそうになります 笑。

あと、中国の”チャイナ”成分も、忘れてはいけない『チャイナアドバイス』の要素です。

ディレイの効いたオリエンタルなメロディーを織りなすギターフレーズが非常に“チャイナ”しています。このフレーズを聴くと、チャイナドレスを着た女性が扇子を持って舞っている姿が目に浮かぶほど。

『相対性理論』らしい脱力感も、ちょうど良い感じで”チャイナ”な雰囲気に色をつけています。

本作『チャイナアドバイス』、歌詞もアレンジも『相対性理論』の魅力が発揮された名曲だと思っています!

個人的には、『シンクロニシティーン』の目玉楽曲として『チャイナアドバイス』に一票を入れたいですね。

Amazonで試聴できます。

『チャイナアドバイス』収録アルバムレビューリンク

※『相対性理論』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/相対性理論

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】hide/PSYCHOMMUNITY EXIT

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/LASTLY

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンド …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/品川ナンバー

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 メンバーの中ではボーカルの「やくしまるえつこ」がソロでも曲を出し …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/HOTEL宇宙船

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活後も精力的に新作を発表してくれるのがとても嬉しいです。 テレビなんかでは、過去の名作を披露してくれることが時々ありますので …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/DESIRE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 後世に与えた音楽的影響度もさることながら、ファンのことを“SLAVE&#822 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。