個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/バラ色の日々

投稿日:2017年4月23日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!!

復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていってほしいです。

一見ふざけているようで、でも実は芯を捉えた歌詞も魅力の一つですね。下手にかっこつけてない言葉だからこそ、胸にとっても響きます。

今回は、『THE YELLOW MONKEY』の個別楽曲、『バラ色の日々』のレビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

rose

『バラ色の日々』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名バラ色の日々
演奏時間4:48
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY & 朝本浩文

19thシングル。

『THE YELLOW MONKEY』にしては珍しく、編曲に外部の人が携わっています。

『バラ色の日々』収録アルバム

アルバム名トラック#
813
GOLDEN YEARS Singles 1996-20018
イエモン-FAN’S BEST SELECTION-16
THE YELLOW MONKEY IS HERE. NEW BEST16

オリジナルアルバム『8』の13曲目に収録。表記はありませんがアルバムバージョンです、

『バラ色の日々』は『イエモン-FAN’S BEST SELECTION-』の楽曲投票で栄えある1位の座を獲得しているのですが、意外にもメンバー公認のベストアルバム『THE YELLOW MONKEY MOTHER OF ALL THE BEST』には収録されていません。

※『バラ色の日々』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

文句なしの名曲、『バラ色の日々』!

『イエモン-FAN’S BEST SELECTION-』の楽曲投票で第1位を獲得していますが、納得の結果です。

“『バラ色の日々』を追い求めてるけど、全然掴めないね”っていう楽曲です。

切なさの表現がロマンチックで素敵です。

特に1番Aメロの歌詞が『THE YELLOW MONKEY』らしい言葉の選び方をしていてお気に入りです。

『バラ色の日々』とは、いったいどんな時間なのか、具体的には曲中では語られません。聴き手それぞれの胸にある”理想の日々”が『バラ色の日々』ということですかね。

それならばと、私にとってのバラ色の日々って何かなと想像してみましたが…

うん…朝、目覚まし時計に起こされず、心ゆくまで眠れる日々が続くことかな…。

…。

ロマンチックの欠片もない日々ですね 笑。

これじゃぁ「スパンコール」は汚れたままです…泣。

『バラ色の日々』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/ONE LOVE 〜ALL STANDARD IS YOU reprise〜

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/夜明けのオレンジ

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 女性ボーカルとギター、ベース、ドラムといった、シンプルな構成の4人ロックバンドで …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Maybe We Could Go Back To Then

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 元々3人組のバンド …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/Analyze Chat「FREAKS」

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】Janne Da Arc/Stranger

2019年、突如解散を発表した『Janne Da Arc』。 キーボードを絡めたカラフルな音色、個々の卓越した演奏技術による派手なサウンド、そしてキャッチーなメロディーラインが魅力的な楽曲をいくつも生 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。