個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/ALL YEAR AROUND FALLING IN LOVE

投稿日:2018年10月27日 更新日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

今回は『ALL YEAR AROUND FALLING IN LOVE』の個別楽曲レビューです。

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

balloon

『ALL YEAR AROUND FALLING IN LOVE』の全体概要

基本情報

アーティストL’Arc〜en〜Ciel
曲名ALL YEAR AROUND FALLING IN LOVE
演奏時間5:33
作詞hyde
作曲hyde
編曲L’Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano

『ALL YEAR AROUND FALLING IN LOVE』収録アルバム

アルバム名トラック#
REAL11

オリジナルアルバム『REAL』の11曲目に収録。

本作『ALL YEAR AROUND FALLING IN LOVE』がアルバム『REAL』の最終トラックになります。

※『ALL YEAR AROUND FALLING IN LOVE』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

四季のエッセンスを取り込んだラブソング、『ALL YEAR AROUND FALLING IN LOVE』。

アルバム『REAL』の最終トラックである本作はラルクの楽曲にしては珍しく、非常に直球な言葉で綴られたラブソングになっています。

ラブソングを歌うバンドと言えば、『GLAY』や『Mr.Children』辺りが強いイメージがありますよね。ラブソングにヒットをたくさん持っているバンドと言ってもいいかもしれません。

本作『ALL YEAR AROUND FALLING IN LOVE』もラブソングではありますが、『GLAY』や『Mr.Children』の繰り出すラブソングとは違うラルクらしさがあります。それは、ずばり伝家の宝刀、空中浮遊でしょう!

やはりと言うか何と言うか、本作『ALL YEAR AROUND FALLING IN LOVE』もサビで「羽を広げ」ているんですよね。この空中浮遊芸はインディーズ時代から変わらない、ラルクの必殺技です。

アルバム『REAL』にて新しく取り入れられたピコピコデジタル音も本作のサビで使われているのですが、これがまたいい感じで空中浮遊感を演出しています。

…まぁ、そもそも“J-POPは空飛びすぎ”などと言われていますので、ラルクが直球ラブソング+空中浮遊の楽曲を提示したところで、それほど目新しい表現だったというわけではないのでしょう。

ただ、インディーズからずっと空中浮遊してきたラルクが、ついに直球ラブソングでも空中浮遊を取り入れてきたのです。そういった点で、本作『ALL YEAR AROUND FALLING IN LOVE』が特徴的な作品になっているとは言ってもいいと思います。

Amazonで試聴できます。

『ALL YEAR AROUND FALLING IN LOVE』収録アルバムレビューリンク

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/少女のつづき

2017年にメジャーデビューを果たしたバンド、『ポルカドットスティングレイ』!! ボーカルが紅一点の4人組ロックバンドで、有名どころで言えば、あの『JUDY AND MARY』と同じメンバー構成ですね …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/サイキック No.9

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 大人の魅力を増して帰ってきてくれましたね! これから出す新曲やアルバムがどんなものになるのか楽しみです。年齢的な深みが増すこと …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Never Stop!

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】黒夢/Merry X’mas, I Love You

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカル …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/チャイナアドバイス

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。