アルバムレビュー

【アルバムレビュー】L’Arc〜en〜Ciel/REAL

投稿日:2018年10月17日 更新日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

今回は、『L’Arc〜en〜Ciel』のオリジナルアルバム『REAL』のレビューです。

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

notre-dame

『REAL』の全体概要

アーティストL’Arc〜en〜Ciel
アルバム名REAL
発売日2000/8/30
収録曲数11
演奏時間54:16

メジャーデビュー後7thアルバム。

『L’Arc〜en〜Ciel』のオリジナルアルバムとしては今のところ最後のミリオンヒット作品です(売上枚数は約110万枚)。

演奏時間はトータルで54:16。東海道線で、東京・茅ヶ崎間くらいの時間です。

レビュー

『REAL』の収録曲別お気に入り度

各収録曲のお気に入り度はこんな感じです。

#曲名お気に入り度
1get out from the shell -asian version-★★★★★5
2THE NEPENTHES★★★★★5
3NEO UNIVERSE★★★★★5
4bravery★★★★☆4
5LOVE FLIES★★★★☆4
6finale★★★★☆4
7STAY AWAY★★★★☆4
8ROUTE 666★★★★☆4
9TIME SLIP★★★☆☆3
10a silent letter★★★☆☆3
11ALL YEAR AROUND FALLING IN LOVE★★★★☆4

どちらかと言うと序盤の勢いが好み。

本作『REAL』を聴く際、#1 『get out from the shell』から聴き始めて#9『TIME SLIP』辺りで聴くのを止めてしまうことが多い気がします。

※『REAL』収録曲ごとの個別楽曲レビューもしています。こちらからどうぞ。

『REAL』全体の感想

これまでの作品と異なり、デジタルと骨太ロックを融合させたサウンドが特徴的なアルバム、『REAL』。感想を一言でいうと、なんか洋楽っぽい

とは言え、その洋楽っぽいかっこよさ故に、けっこう勢いで聴いてしまえる作品でもあります

。特に序盤のデジタル(#1 『get out from the shell』)→ロック(#2 『THE NEPENTHES』)→デジタル(#3 『NEO UNIVERSE』)の流れは大好き。

そのまま勢いに乗って#8 『ROUTE 666』くらいまではサクッと聴けてしまうくらいにかっこいいアルバムなのですが、#9 『TIME SLIP』辺りでちょっとテンションダウンを感じます。

#9 『TIME SLIP』が決してイマイチな楽曲というわけでは無いんですけどね。アルバム『REAL』にどっぷり没頭していた中で、急にハッと我に返ってしまうタイミングが丁度#9 『TIME SLIP』辺りにやってくると言いますか。

そんなわけで、#9以降の楽曲の印象が正直私の中でちょっと薄いです。

いずれにせよ、今までの”幻想的”なラルクとは異なる、より“現実的(REAL)”なラルクが目覚め始めた1枚が本作『REAL』です。そういう意味では、このアルバムが『L’Arc〜en〜Ciel』というバンドにとって一つのターニングポイントになった作品なのではないかなと思います(上手いこと言って締めたつもり)。

Amazonで試聴できます。

『REAL』収録曲の個別楽曲レビューリンク

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

-アルバムレビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【アルバムレビュー】X JAPAN/DAHLIA

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【アルバムレビュー】PIERROT/CELLULOID

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンドで知的で過激。当時の10代リスナーはある種の選民思想を抱きながら『PIERROT』の …

【アルバムレビュー】ポルカッドットスティングレイ/大正義

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 女性ボーカルとギター、ベース、ドラムといった、シンプルな構成の4人ロックバンドで …

【アルバムレビュー】THE YELLOW MONKEY/Bunched Birth

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! バンド名からして皮肉たっぷりですが、楽曲もバンド名に負けず劣らずの皮肉な内容が多いです。ただ、しっかり芯を捉えた言葉は胸にとっ …

【アルバムレビュー】THE YELLOW MONKEY/イエモン-FAN’S BEST SELECTION-

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!! 復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていって …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。