個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/get out from the shell

投稿日:2018年10月18日 更新日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

今回は『get out from the shell』の個別楽曲レビューです。

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

space

『get out from the shell』の全体概要

基本情報

アーティストL’Arc〜en〜Ciel
曲名get out from the shell
演奏時間4:19
作詞hyde
作曲yukihiro
編曲L’Arc〜en〜Ciel

20thシングル『STAY AWAY』のカップリング曲。

『get out from the shell』収録アルバム

アルバム名トラック#
REAL1
The Best of L’Arc〜en〜Ciel 1998-200015
The Best of L’Arc〜en〜Ciel c/w12
QUADRINITY 〜MEMBER’S BEST SELECTIONS〜 (Disc 4 yukihiro best)4
TWENITY (2000-2010)4

オリジナルアルバム『REAL』の1曲目に収録。

元々はカップリング曲なのですが、様々なベストアルバムに収録されています。

本作『get out from the shell』には全英詞の”asian version”があるのですが、こちらは『REAL』、『The Best of L’Arc〜en〜Ciel 1998-2000』、『QUADRINITY 〜MEMBER’S BEST SELECTIONS〜』に収録。

※『get out from the shell』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

初出がカップリング曲ながらもオリジナルアルバムに収録された珍しい楽曲、『get out from the shell』。

それだけ完成度が高かったということなんでしょうかね。

その後もベストアルバムが出るたびに本作『get out from the shell』が収録されているように思います。

楽曲としてはデジタル感満載で、初めてアルバム『REAL』で聴いたときは『L’Arc〜en〜Ciel』の新境地という感じがしました。

本作『get out from the shell』の前にもミリオンヒットした『NEO UNIVERSE』なんかでデジタル感は取り入れられていたんですけどね。

ただ、『get out from the shell』の方が、よりデジタル方面に振り切った仕上がりになっているように思います。サウンド面ももちろんそうなんですが、楽曲の盛り上がり方が今までのラルクの作品と明らかに違うなと。

そんな新型の楽曲がアルバム『REAL』の1曲目に配置されているわけですから、このアルバムのイメージって本作『get out from the shell』にかなり引っ張られています。アルバム『REAL』は今までのアルバムとは方向性が違う、デジタル感満載な1枚だって。

とは言え、『REAL』って2000年発売のアルバムなので、もはや全然新型でもなんでもないんですけどね 笑。

Amazonで試聴できます。

『get out from the shell』収録アルバムレビューリンク

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/水のない晴れた海へ

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/鬼と桜

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンドで知的で過激。当時の10代リスナーはある種の選民思想を抱きながら『PIERROT』の …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/finale

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】GLAY/グロリアス

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューが『X JAPAN』のYOSHIKIプロデュースだったこともあり、ヴィジュアル系というカテゴリーに分類される …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/ATENA

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。