個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/THE NEPENTHES

投稿日:2018年10月19日 更新日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

今回は『THE NEPENTHES』の個別楽曲レビューです。

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

nepenthes

『THE NEPENTHES』の全体概要

基本情報

アーティストL’Arc〜en〜Ciel
曲名THE NEPENTHES
演奏時間3:26
作詞hyde
作曲ken
編曲L’Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano

アルバム『REAL』収録曲の中で最も演奏時間の短い作品。

曲名に「NEPENTHES」という見慣れない単語がついていますが、こちら、ウツボカズラという食虫植物を意味する言葉です(本記事の冒頭に貼ってある画像がウツボカズラです)。

『THE NEPENTHES』収録アルバム

アルバム名トラック#
REAL2

オリジナルアルバム『REAL』の2曲目に収録。

※『THE NEPENTHES』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

これまでの『L’Arc〜en〜Ciel』の楽曲の中でも相当激しい部類に入るであろう楽曲、『THE NEPENTHES』。

丸太並みの腕を持つスキンヘッドの白人が演奏しているんじゃないかというくらい、ギターとベースの音の迫力がすごいです(ギターもベースもアンプで音量を操作できるので、演奏者の腕力と楽器の音量が比例するわけではないのですが 笑)。

そうかと思うと、サビでは女性ボイスによる官能的なハモリも入ってきます。hydeの特徴的なボーカルとも相まってかなり強烈で印象的なサビです。

一方で、こういった要素は”触れたら壊れてしまいそう”という繊細な初期ラルクのイメージとは全く異なる音像とも言えます。

それが理由かはわかりませんが、本作『THE NEPENTHES』は数あるベストアルバムのいずれにも未収録。

上述の通り、いつものラルクとは異なる雰囲気のハードなアレンジがけっこうかっこよくて好きな楽曲なんですけどね。

そして、そんなハードな弦楽器の音の中、いつも通りの軽快なyukihiroのドラムにラルクらしさを感じられるところも素敵。yukihiroのスネアの音ってラルクらしさの大事な部分を担っていたんだということに気づかされます。

Amazonで試聴できます。

『THE NEPENTHES』収録アルバムレビューリンク

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/force of heart

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/1999

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 自身主宰のLUNATIC FEST.ではベテランバンドから若手バンドまでを巻き込み、日本の …

【個別楽曲レビュー】ポケットビスケッツ/Rapturous Blue

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。 メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止して …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/HUMAN GATE

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンドで知的で過激。当時の10代リスナーはある種の選民思想を抱きながら『PIERROT』の …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Forever to me ~終わりなき悲しみ~

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。