個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GLAY/SOUL LOVE

投稿日:2018年5月16日 更新日:

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。

耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了してきました。

一方、類まれなる商業的な成功を収めたがために成功者ゆえの苦悩を歌った楽曲も存在します。こういった、少し影のある姿を時折見せてくれるのも、『GLAY』の魅力の一つですよね。

今回は、『GLAY』の個別楽曲『SOUL LOVE』のレビューです。

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

tulips

『SOUL LOVE』の全体概要

基本情報

アーティストGLAY
曲名SOUL LOVE
演奏時間4:27
作詞TAKURO
作曲TAKURO
編曲GLAY& 佐久間正英

『誘惑』と同日リリースされた14thシングル。どちらも仲良くミリオンヒットを記録。

『SOUL LOVE』収録アルバム

アルバム名トラック#
pure soul4
DRIVE-GLAY complete BEST (DISC 1)10
-Ballad Best Singles- WHITE ROAD3
THE GREAT VACATION VOL.2 〜SUPER BEST OF GLAY〜 (Disc 2)2
REVIEW II -BEST OF GLAY- (TAKURO盤)7

オリジナルアルバム『pure soul』の4曲目に収録。

『pure soul』と『-Ballad Best Singles- WHITE ROAD』にはアルバムバージョンが収録されています。アルバムバージョンとシングルバージョンの違いはギターソロ前の「wow…」があるか無いかだけです(多分)。

※『SOUL LOVE』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

TAKUROが非常に短時間で作ったと、確かMステで言ってた『SOUL LOVE』。

仮に10分で作ったとして、その曲がミリオンヒットしたわけですから、そこから発生する収入を時給換算すると恐ろしい労働効率です。生産性が課題だと言われている日本企業は見習わなければならないかもしれません。

(作詞作曲の印税収入が〇%だから…などと具体的に計算しだすと明日会社に行く気がなくなりますので止めておきましょう 泣)

本作『SOUL LOVE』、バラードベストに収録されていますが、いわゆる”スローテンポな感動ソング”ではなく、割とアップテンポで軽快なラブソングになっています。

ラブソングといってもいろいろな種類がありますが、『SOUL LOVE』は恋のソワソワ感を描いた1曲だと言えるでしょう。

イントロやAメロなんか特にそうですね。繰り返されるアルペジオと同じ音を連ねる歌メロが、”動きたいけど動けない”という、まさに恋のソワソワした感情を演出しているように聴こえます。

『GLAY』のラブソングといえば『HOWEVER』や『ずっと2人で…』のような、結婚式で歌っても間違いじゃない楽曲が有名かと思いますが、本作『SOUL LOVE』のような切り口のラブソングもさすがの仕上がりです。

…しかし、アラサーにもなって恋のソワソワ感なんて文字列を打ち込むことがあるとは思いませんでしたよ 笑。

自分のブログなんで好きなこと書けばいいのでしょうが、年齢的に使うのを少々ためらうフレーズでした 笑。

『SOUL LOVE』収録アルバムレビューリンク

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/君の家に着くまでずっと走ってゆく

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/静かの海で

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/It’s the end

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】GLAY/LOVE SLAVE

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 同郷の友人で組んだバンドが天下を取るという、少年漫画もびっくりの熱いストーリーも『GLAY』の魅力の一つです。青春を …

【個別楽曲レビュー】hide/GOOD BYE

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。