個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GLAY/出逢ってしまった2人

投稿日:2018年5月17日 更新日:

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。

耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了してきました。

一方、類まれなる商業的な成功を収めたがために成功者ゆえの苦悩を歌った楽曲も存在します。こういった、少し影のある姿を時折見せてくれるのも、『GLAY』の魅力の一つですよね。

今回は、『GLAY』の個別楽曲『出逢ってしまった2人』のレビューです。

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

forest

『出逢ってしまった2人』の全体概要

基本情報

アーティストGLAY
曲名出逢ってしまった2人
演奏時間3:56
作詞TAKURO
作曲TAKURO
編曲GLAY& 佐久間正英

『出逢ってしまった2人』収録アルバム

アルバム名トラック#
pure soul5

オリジナルアルバム『pure soul』の5曲目に収録。

※『出逢ってしまった2人』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『GLAY』らしい曲名がついているなと感じる1曲『出逢ってしまった2人』。

この曲名、どことなく演歌っぽい香りが漂いません?この、ロックバンドらしからぬネーミングセンスが『GLAY』らしいと感じるポイントです。

春夏秋冬、季節をテーマにした楽曲は数々ありますが、”秋”をテーマにした楽曲って他の季節に比べると圧倒的に少ないなという感覚があります。ちょっと想像してみてもらえればわかると思いますが、春の曲、夏の曲、冬の曲はいくつも思いつくのに、秋の曲ってほとんど思い浮かばないのではないでしょうか。

本作『出逢ってしまった2人』はそんなニッチな”秋”をテーマにした楽曲です。ひと夏の恋ならぬ“ひと秋の恋”を歌っています。

それから本作『出逢ってしまった2人』、アコースティックギターを使用したイントロのフレーズがとても耳に残ります。

アコースティックギターを使用したイントロと言えば、『BELOVED』が代表かと思うのですが、本作『出逢ってしまった2人』は『BELOVED』の爽やかなフレーズとは異なる、少々メランコリックなものになっています。

これがいい意味で『GLAY』らしくなく、けっこう印象的。

私の場合、『出逢ってしまった2人』というタイトルを見るとサビのメロディーよりもこのイントロが頭の中を駆け巡るほどです。

そして、このアコースティックギターに対して相づちを打つように鳴るベースもまた素敵。

本作『出逢ってしまった2人』、個性的な楽曲が集うアルバム『pure soul』の中でも、イントロで耳を奪うパワーはピカイチな楽曲です!

Amazonで試聴できます。

『出逢ってしまった2人』収録アルバムレビューリンク

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】PIERROT/Far East ~大陸に向かって~

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 2006年突如解散してしまいましたが、最近になってライブを開催してみたりファンクラブを再始動させたりと …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/愛のカケラ

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】B’z/ミエナイチカラ 〜INVISIBLE ONE〜

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/KYOTO

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】黒夢/feminism

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 1994年のメジャーデビュー後、順調にセールスを伸ばしていた中1999年に無期限の活動停止を発表。そしてその約10年後の2010年、 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。