個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GLAY/YOU MAY DREAM

投稿日:2018年5月13日 更新日:

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。

耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了してきました。

一方、類まれなる商業的な成功を収めたがために成功者ゆえの苦悩を歌った楽曲も存在します。こういった、少し影のある姿を時折見せてくれるのも、『GLAY』の魅力の一つですよね。

今回は、『GLAY』の個別楽曲『YOU MAY DREAM』のレビューです。

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

key

『YOU MAY DREAM』の全体概要

基本情報

アーティストGLAY
曲名YOU MAY DREAM
演奏時間5:15
作詞TAKURO
作曲TAKURO
編曲GLAY& 佐久間正英

『YOU MAY DREAM』収録アルバム

アルバム名トラック#
pure soul1

オリジナルアルバム『pure soul』の1曲目に収録。

※『YOU MAY DREAM』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

初のベストアルバム『REVIEW-BEST OF GLAY』が記録的なヒットをし、リリースするシングルはことごとくミリオンヒット。

そんな中にリリースされたアルバム『pure soul』の1曲目が本作『YOU MAY DREAM』です。

曲名の『YOU MAY DREAM』というフレーズを含む詞を繰り返すシンプルなサビがアルバムの1曲らしくていいですね。歌と歌の合間に聞こえる、ちょっとヒステリックなピアノの音も聴き手の高揚感をガンガン煽ってきます。

『pure soul』というアルバムがこれからどんな展開を見せてくれるのか期待してしまう聴き心地です。

曲名の『YOU MAY DREAM』を直訳すれば、”君は夢を見るかもしれない”と言ったところでしょうか。

『YOU MAY DREAM』は『GLAY』というバンドがまさに”夢のような”大成功を収めていた中、世に出た1曲です。この『YOU MAY DREAM』という曲名、もちろん「YOU」はリスナーのことなんでしょうけど、当時大成功の最中にいた『GLAY』のメンバー自身へ向けた想いも含んでいたのではないかな…なんて思ったり。

アルバム『pure soul』のリリースから約20年が経った今、あのとき”夢のような”体験真っただ中であったであろう『GLAY』に思いを馳せながら聴くと、『YOU MAY DREAM』もまた違ったふうに聴こえてきます。

Amazonで試聴できます。

『YOU MAY DREAM』収録アルバムレビューリンク

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Rock’n Roll

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 解散したわけではな …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Holy ground

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】黒夢/至上のゆりかご

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 1994年のメジャーデビュー後、順調にセールスを伸ばしていた中1999年に無期限の活動停止を発表。そしてその約10年後の2010年、 …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/恋の煙

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】B’z/Easy Come, Easy Go!

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。