個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Enemy

投稿日:2017年3月30日 更新日:

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!!

UKロック風のバンドサウンドアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です!

そんな『the brilliant green』のメンバ構成は女性ボーカルとベースの2人組となっています。元々は3人組でしたが、2010年にギターが脱退して今の形になりました。

今回は、『the brilliant green』のシングルコレクションアルバム、『complete single collection ’97-’08』の16曲目、『Enemy』の個別楽曲レビューです。

※『the brilliant green』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/the brilliant green

enemy

『Enemy』の全体概要

基本情報

アーティストthe brilliant green
曲名Enemy
演奏時間4:58
作詞川瀬智子
作曲奥田俊作
編曲the brilliant green

16thシングル。

『Enemy』…ずばり”敵”という意味です。

『the brilliant green』が1英単語をシングルの曲名に持ってくるのはこれが初めてです。

『Enemy』収録アルバム

アルバム名トラック#
complete single collection ’97-’0816

オリジナルアルバム未収録。

※『Enemy』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

前作『Stand by me』に引き続き、『the brilliant green』の集大成といえる1曲が本作『Enemy』。

イントロ一発目から、名作『冷たい花』を彷彿とさせる鳴きのギターが聴けます!

久しぶりにスローテンポで気怠いアンニュイな雰囲気が全体的に立ち込めています。

こういった曲は普通なら退屈で聴いていられないのですが、『the brilliant green』の魔法でかっこよく仕上がっています。『the brilliant green』の魅力はこれですよね!

『冷たい花』に代表される『the brilliant green』黄金期の楽興と本作『Enemy』との違いは、サビまでの持って行き方ではないでしょうか。

サビに至るまでの楽器の増やし方やハモリの付け方なんかが、黄金期以降、特に『Hello Another Way -それぞれの場所-』以降で見られた方法を踏襲しているように感じます。

これが本作『Enemy』を『the brilliant green』の集大成と(勝手に)呼んでる理由です。

とにかく、途中で路線変更したことをきっかけに『the brilliant green』から離れてしまった人には是非聴いてみてほしい1曲です!

Amazonで試聴できます。

『Enemy』収録アルバムレビューリンク

※『the brilliant green』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/the brilliant green

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/風の行方

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/煌めく

2017年にメジャーデビューを果たしたバンド、『ポルカドットスティングレイ』!! ボーカルが紅一点の4人組ロックバンドで、有名どころで言えば、あの『JUDY AND MARY』と同じメンバー構成ですね …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Yes, Summerdays

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2 …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/クラシック

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/HUMAN GATE

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンドで知的で過激。当時の10代リスナーはある種の選民思想を抱きながら『PIERROT』の …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。