個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GLAY/週末のBaby talk

投稿日:2018年12月5日 更新日:

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。

『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2010年代になって他のメンバーの作品もシングルの顔を飾るようになりました。

変化を続ける『GLAY』の今後がこれからも楽しみですね。

今回は、『GLAY』の楽曲、『週末のBaby talk』のレビューです。

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

brothers

『週末のBaby talk』の全体概要

基本情報

アーティストGLAY
曲名週末のBaby talk
演奏時間5:57
作詞TERU
作曲TERU
編曲GLAY& 佐久間正英

TERUによる作詞作曲。

『週末のBaby talk』収録アルバム

アルバム名トラック#
BEAT out!8

オリジナルアルバム『BEAT out!』の8曲目に収録。

※『週末のBaby talk』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

TAKURO以外の『GLAY』のメンバーの中が作詞作曲を務めた楽曲で、初めてアルバムに収録された楽曲が本作『週末のBaby talk』。

TERUが作詞作曲を務めていますが、これが個人的にはけっこう意外でした。というのも、TAKURO以外で作詞作曲をしているといえば、JIROやHISASHIというイメージがありましたので、この二人のどちらかの楽曲が既にアルバム収録曲として世に出ているものだと思っていたのです。

改めて確認すると、TERU制作楽曲が2ndアルバム『BEAT out!』で初収録、JIRO制作楽曲が3rdアルバム『BELOVED』で初収録、HISASHI制作楽曲がなんと6thアルバム『ONE LOVE』で初収録でした。

HISASHIが制作した楽曲については、アルバム収録曲ではなくカップリング楽曲として世に出たものが多かったようです。

さて、本作『週末のBaby talk』、上述の通りTERUが作詞作曲しているというのも一つの特徴なのですが、やはり『JUDY AND MARY』の『YUKI』がコーラスで参加しているところが最大の特徴でしょう。

声が加工されているとは言え、やはり『YUKI』のコーラスだってことはすぐにわかりますね。音量は小さめにミックスされていますが、『YUKI』の声質はTERUの声質と全然違うのでかなりはっきり聴こえてきます。

こういったさりげない豪華コラボが楽しめるのも、本作『週末のBaby talk』の魅力の一つです。

Amazonで試聴できます。

『週末のBaby talk』収録アルバムレビューリンク

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/Ray

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 後世に与えた音楽的影響度もさることながら、ファンのことを“SLAVE&#822 …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/MAD SKY -鋼鉄の救世主-

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …

【個別楽曲レビュー】B’z/恋心 (KOI-GOKORO)

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】黒夢/SICK

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカル …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Future World

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。