個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/アソビ

投稿日:2017年8月7日 更新日:

ギターボーカル担当の川谷絵音の不倫だったり、ドラム担当のほな・いこかが「さとうほなみ」名義で女優デビューしたりと、音楽面よりメンバーの素行が注目されてしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』

注目のされ方はバンドとしては不本意だったと思いますが、当バンドの楽曲はおしゃれなサウンドに乗せたラップとキャッチーなサビが魅力です。

今回は、彼らのメジャー1stアルバムとしてリリースされた『魅力がすごいよ』の9曲目、『アソビ』のレビューです。

※『ゲスの極み乙女。』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゲスの極み乙女。

cat

『アソビ』の全体概要

基本情報

アーティストゲスの極み乙女。
曲名アソビ
演奏時間2:37
作詞川谷絵音
作曲川谷絵音
編曲?

演奏時間およそ2分半と、かなり短めです。

『アソビ』収録アルバム

アルバム名トラック#
魅力がすごいよ9

『ゲスの極み乙女。』メジャー1stアルバム『魅力がすごいよ』の9曲目に収録。

※『アソビ』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

当時、スマートフォンのCMにも採用された楽曲、『アソビ』。

サビの部分がけっこうテレビで流れていたので、この曲で『ゲスの極み乙女。』というバンドを知った人も多いのではないでしょうか。

『アソビ』という曲名通り、けっこう遊んだ曲になっています。曲の構成もリズムもかなり遊んでますね。元々別々だった曲をくっつけて、1曲に凝縮したような感じです。

こういう曲って、世間はどう評価するんでしょうね。

音楽なんて自由だから、こういう作りが決して悪いとは思いませんが、”リスナーが覚えにくい”って、ポップミュージックとしてはどうなんだろうと感じます。

もちろん、作り手側は意図して『アソビ』を”覚えにくい曲”として世に送り出しているとは思うんです。”この曲の良さ、わかるか?”って、リスナーに対する挑戦的な感じで。

そう思うと、”覚えにくくてよくわかりません”なんて感想を放つの、リスナー側として、ちょっと癪な気もします。なんだか売られたケンカに負けたような気になっちゃって。”この曲の良さがわかんないなんて、レベル低いな~”って言われそう。

とはいえ、とはいえですね…うん、確かにピアノとかベースとか、端々にかっこいいところがあるのはわかります。ただ、1曲として、やっぱりもう少しキレイにまとまってる方が、私は好みです。

…レベルの低いリスナーですみません。。。

『アソビ』収録アルバムレビューリンク

※『ゲスの極み乙女。』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゲスの極み乙女。

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/SPEED POP(Introduction)

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 同郷の友人で組んだバンドが天下を取るという、少年漫画もびっくりの熱いストーリーも『GLAY』の魅力の一つです。青春を …

【個別楽曲レビュー】PEDRO/GALILEO

“楽器を持たないパンクバンド”がキャッチコピーのアイドルグループ『BiSH』。そのメンバーの一人であるアユニ・Dのソロプロジェクトが『PEDRO』です。 アイドルのソロとしては …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/Adolf

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンドで知的で過激。当時の10代リスナーはある種の選民思想を抱きながら『PIERROT』の …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Lovers change fighters, cool

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 シングル、アルバムともにミリオンヒットを連発し、商業的な成功という意味においては、『GLAY』のデビューをプロデュー …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/冷たい花

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。