個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/惚たる蛍

投稿日:2017年5月19日 更新日:

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』!

気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言える立ち位置になっています。

 

そんな『チャットモンチー』も、メンバー脱退を経てギターボーカルとベースの二人になり、すでにメジャーデビューから10年以上が経過しています。もはや、ガールズバンドという括りではおさまりきらないバンドなのではないでしょうか。

 

今回は、『チャットモンチー』のミニアルバム『chatmonchy has come』の4曲目、『惚たる蛍』レビューです。

 

hotaru

全体概要

基本情報

アーティスト チャットモンチー
曲名 惚たる蛍
演奏時間 4:37
作詞 橋本絵莉子
作曲 橋本絵莉子
編曲 チャットモンチー

作詞作曲とも橋本絵莉子担当の1曲。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
chatmonchy has come 4

ミニアルバム『chatmonchy has come』の4曲目に収録されています。

 

レビュー

ベースで聴かすスローテンポな1曲!いいですねぇ。

イントロから高めな音域のベースのフレーズが雰囲気を作っており、”スローテンポで切ない感じの曲がこれから始まるよ”というシグナルをしっかり発しています。

2番Aメロもすごく好きな部分です。ここも高音域ベースフレーズが聴けます。それから、このセクションはボーカルのハモリがいいです!ハモリの基本は3音上なんていいますが、ここでは下でハモっています。高音域ベースを鳴らしながら、下のハモリを入れるという組み合わせ、よく思いつくなぁと感じます。計算ではなくセンスなんでしょうけどね。『惚たる蛍』の中でも非常に印象的な部分です。

 

ボーカルの橋本絵莉子が作詞を担当しているせいでしょうか、『chatmonchy has come』収録曲の中で一番感情的な歌い方をしているように思います。Aメロは控えめに、Bメロで盛り上げてサビで爆発という感じです。『チャットモンチー』といえば、サビで聴ける裏声交じりの高音の印象がありますが、この曲のAメロのような控えめな音域の声も素敵です。

公式MVはyoutubeにアップされていませんが、Amazonで視聴できます。

 

『惚たる蛍』が収録されているアルバム『chatmonchy has come』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】チャットモンチー/chatmonchy has come

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/WEEK END

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/LOVEずっきゅん

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 メンバーの中ではボーカルの『やくしまるえつこ』がソロでも曲を出し …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/いこかなでしこ

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。 とは言え、有名人が不倫 …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/a silent letter

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/天国旅行

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!! 復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていって …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。