個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/ツマサキ

投稿日:2017年5月18日 更新日:

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』!

気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言える立ち位置になっています。

そんな『チャットモンチー』も、メンバー脱退を経てギターボーカルとベースの二人になり、すでにメジャーデビューから10年以上が経過しています。もはや、ガールズバンドという括りではおさまりきらないバンドなのではないでしょうか。

今回は、『チャットモンチー』のミニアルバム『chatmonchy has come』の3曲目、『ツマサキ』レビューです。

※『チャットモンチー』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/チャットモンチー

toe

『ツマサキ』の全体概要

基本情報

アーティストチャットモンチー
曲名ツマサキ
演奏時間4:37
作詞福岡晃子
作曲橋本絵莉子
編曲チャットモンチー

『ツマサキ』収録アルバム

アルバム名トラック#
chatmonchy has come3

ミニアルバム『chatmonchy has come』の3曲目に収録されています。

※『ツマサキ』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

私だけでしょうか、本作『ツマサキ』という曲からひしひし夏祭り感を感じます。

歌詞には夏祭りっぽいワードは一切出てこないんですけどね。音の雰囲気がとにかく夏祭りなんです。

イントロから1番Aメロにかけてなんか、特にそう感じます。8分で刻むベースの音がちょっとボワっとしているところ、湿気が高い日本の夏の夜っぽいです。それからハイハットを叩かないドラムも夏祭りで鳴っている和太鼓の雰囲気を感じます。

“夏祭り”の曲と言えば、『Whiteberry』の『夏祭り』が真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか。こちらは歌詞にもある通り、「打ち上げ花火」的な、勢いのある夏祭りなんですが、『ツマサキ』は”線香花火”的な、静かでひっそりとした夏祭りです。

…あくまで雰囲気の話ですよ。『ツマサキ』は曲名通り”つま先”について歌った曲で、夏祭りに関することには一切触れていないので。

本来の内容は”つま先”を気にしてる小さなかわいい女の子の歌です。

“つま先”を題材に約4分半の曲を作れるってすごいですよね…。しかも、しっかりストーリーのある歌詞で、いろんな視点の”つま先”を描いています。ストーリーの結末もありきたりといえばありきたりですが、”つま先”を絡めた描き方が上手でロマンチックです!

本作『ツマサキ』、『チャットモンチー』本人たちはどう思っているかわかりませんが、私はかなり傑作だと思っています。

Amazonで試聴できます。

『ツマサキ』収録アルバムレビューリンク

※『チャットモンチー』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/チャットモンチー

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/Winter,again

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューから20年以上経つベテランバンドですが、長寿バンドに付きものの”メンバー間の確執”と …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/MAD SKY -鋼鉄の救世主-

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/テレキャスター・ストライプ

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 女性ボーカルとギター、ベース、ドラムといった、シンプルな構成の4人ロックバンドで …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/AURORA

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 再始動前の2009年、『LUNA SEA』のリードギターを担当するSUGIZOがHIDEの …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/THE LAST CRY IN HADES (NOT GUILTY)

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。