個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/DEMO、恋はサーカス

投稿日:2017年5月17日 更新日:

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』!

気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言える立ち位置になっています。

そんな『チャットモンチー』も、メンバー脱退を経てギターボーカルとベースの二人になり、すでにメジャーデビューから10年以上が経過しています。もはや、ガールズバンドという括りではおさまりきらないバンドなのではないでしょうか。

今回は、『チャットモンチー』のミニアルバム『chatmonchy has come』の2曲目、『DEMO、恋はサーカス』レビューです。

※『チャットモンチー』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/チャットモンチー

circus

『DEMO、恋はサーカス』の全体概要

基本情報

アーティストチャットモンチー
曲名DEMO、恋はサーカス
演奏時間4:06
作詞橋本絵莉子 & 福岡晃子
作曲橋本絵莉子
編曲チャットモンチー

二人が作詞に携わっているという珍しいパターン。

『DEMO、恋はサーカス』収録アルバム

アルバム名トラック#
chatmonchy has come2

ミニアルバム『chatmonchy has come』の2曲目に収録されています。

※『DEMO、恋はサーカス』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

本作『DEMO、恋はサーカス』、構成がおもしろい1曲です。

1番盛り上がる「あなたでは…」で始まる部分がサビだと思うんですけど、この箇所、曲中に一度しか出てきません。それでいて「あなたでは…」の箇所がキャッチーでとても耳に残ります。”こんなメロディーいくらでも量産できるから”とでも言わんばかりの使い方です。

普通なら、キャッチーなメロディーを大事にして曲中で何度も繰り返して聴かせようとしてしまいそうなんですけどね。

代わりに、「なんで…」で始まるBメロ相当の1フレーズが何度も繰り返し出てきます。こっちを繰り返す方がおもしろいって判断なんでしょうね。実際、『チャットモンチー』らしい歌詞とメロディーがピタッとハマっていて『DEMO、恋はサーカス』を個性的な曲に仕上げるための重要なエッセンスになっていると感じます。

あと、『DEMO、恋はサーカス』という曲名の由来が気になりますね。「DEMO」は”デモテープ”の「デモ」ではなく、”しかし”という意味の「でも」だと思うのですが、なぜローマ字表記にしたのでしょうか…。

Amazonで試聴できます。

『DEMO、恋はサーカス』収録アルバムレビューリンク

※『チャットモンチー』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/チャットモンチー

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】B’z/Real Thing Shakes

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】GLAY/カーテンコール

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 シングル、アルバムともにミリオンヒットを連発し、商業的な成功という意味においては、『GLAY』のデビューをプロデュー …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Still I’m With You

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】hide/A STORY

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/CAN’T STOP CRYIN’

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 元々3人組のバンド …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。