アルバムレビュー

【アルバムレビュー】チャットモンチー/chatmonchy has come

投稿日:2017年5月15日 更新日:

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』!

気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言える立ち位置になっています。

そんな『チャットモンチー』も、メンバー脱退を経てギターボーカルとベースの二人になり、すでにメジャーデビューから10年以上が経過しています。もはや、ガールズバンドという括りではおさまりきらないバンドなのではないでしょうか。

今回は、『チャットモンチー』のミニアルバム『chatmonchy has come』のレビューです。

※『チャットモンチー』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/チャットモンチー

sky

『chatmonchy has come』の全体概要

アーティストチャットモンチー
アルバム名chatmonchy has come
発売日2005/11/23
収録曲数6
演奏時間25:59

アルバム名を直訳すれば、”チャットモンチーがやって来る”ですかね。

“○○がやって来る”といえば、『The Beatles』に『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! (邦題)』というアルバムがあります。これを意識しているのかなぁと思ったり。そんなことないか。

演奏時間はトータルで25:59です。山手線外回りで、東京・渋谷間くらいの時間です。

レビュー

『chatmonchy has come』の収録曲別お気に入り度

各収録曲のお気に入り度はこんな感じです。

#曲名お気に入り度
1ハナノユメ★★★★★5
2DEMO、恋はサーカス★★★★☆4
3ツマサキ★★★★★5
4惚たる蛍★★★★☆4
5夕日哀愁風車★★★★☆4
6サラバ青春★★★★☆4

#1 『ハナノユメ』は名曲ですよね!文句なしでテンションあがります!

個人的には#3 『ツマサキ』も『ハナノユメ』に負けない名曲だと思っています。

※『chatmonchy has come』収録曲ごとの個別楽曲レビューもしています。こちらからどうぞ。

『chatmonchy has come』全体の感想

とにかくギターとベースとドラムだけでやりきったアルバム!飛び道具は一切使わないという意地にも似た気持ちを感じます 笑。

それでいて、どの曲もそれぞれ個性を持った仕上がりになっており、バラエティーに富んだ1枚と言ってもいいくらいです。

あとは、アルバム全体を通して漂う“放課後感”をどう受け取るかでこのアルバムの好き嫌いが決まりそうです。”青臭くて聴いてられない”のか、”懐かしい感じがして良い”のか、場合によってはまさに青春ど真ん中で”共感”するのか…。

私もアラサーなので正直青臭いなと感じる部分が無いわけではないのですが、全体的に言葉選びのセンスと橋本絵莉子の声がすばらしいので、とっても楽しんで聴いています!

Amazonで試聴できます。

『chatmonchy has come』収録曲の個別楽曲レビューリンク

※『チャットモンチー』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/チャットモンチー

-アルバムレビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【アルバムレビュー】B’z/B’z The Best “Treasure”

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【アルバムレビュー】L’Arc〜en〜Ciel/HEART

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【アルバムレビュー】THE YELLOW MONKEY/FOUR SEASONS

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活したものの、特に目立った活動もなく再休止するバンドもある中、イエモンこと『THE YELLOW MONKEY』は精力的に新 …

【アルバムレビュー】Every Little Thing/4 FORCE

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【アルバムレビュー】PIERROT/CELLULOID

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンドで知的で過激。当時の10代リスナーはある種の選民思想を抱きながら『PIERROT』の …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。