個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ポケットビスケッツ/ポケビのうた

投稿日:2017年5月14日 更新日:

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。

メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止してしまいましたが、メンバーの皆さんはそれぞれ大活躍されています。

 

バラエティー番組の企画とは思えないほど高クオリティーの楽曲をリリースし、本当に真面目に名曲も生まれています!!この先も聴き継がれていくこと間違いなしですね。

 

今回は、『ポケットビスケッツ』のベストアルバム『THANKS』の13曲目、『ポケビのうた』のレビューです。

 

piano

全体概要

基本情報

アーティスト ポケットビスケッツ
曲名 ポケビのうた
演奏時間 3:33
作詞 TERU&UDO
作曲 松任谷正隆
編曲 松任谷正隆

『ポケットビスケッツ』の歌詞は主に千秋担当の印象ですが、『ポケビのうた』は内村とウドが作詞をしています。作曲と編曲も、お馴染みのパッパラー河合ではなく松任谷正隆が担当になっています。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
THANKS 13

『ポケットビスケッツ』のベストアルバム『THANKS』の13曲目に収録されています。シングルにもオリジナルアルバムにも収録されていない曲です。

 

レビュー

『ポケビのうた』、内村とウドから千秋へ送った歌になっています。ボーカルも千秋ではなく内村とウドの二人です。

 

当時の番組を見ていて『ポケットビスケッツ』の歴史を知っていれば心にくるものがありそうです。ただ、一歩離れて単体の1曲として見ると、うーん…。アルバムを聴いていてこの曲が流れてきたときに飛ばそうとは思いませんが、わざわざサーチして聴こうという気持ちにはならないかなぁ。

 

イントロのピアノは好きです。”在校生が卒業生に贈る歌”って感じがして切なくとも温かい雰囲気が出ています。『THANKS』という『ポケットビスケッツ』ベストアルバム最後の1曲というポジションは非常にピッタリですね。円満な最後を迎えられたんだなと思えます。

公式MVはyoutubeにアップされていませんが、Amazonで視聴できます。

 

2016年に20th Editionも出ています!

収録内容が『THANKS』とは若干違いますが、有名どころはしっかり押さえてあるラインナップです。

 

『ポケビのうた』が収録されているアルバム『THANKS』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】ポケットビスケッツ/THANKS

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Marionette Fantasia

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 メンバーが楽曲制作に携わる場合、ボーカルが作詞 …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/Rejuvenescence

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンド …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/RA-SE-N

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 自身主宰のLUNATIC FEST.ではベテランバンドから若手バンドまでを巻き込み、日本の …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/星降る夜に花束を

ギターボーカル担当の川谷絵音の不倫だったり、ドラム担当のほな・いこかが「さとうほなみ」名義で女優デビューしたりと、音楽面よりメンバーの素行が注目されてしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』 注目のされ方 …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/パンチドランカー

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! シングルのリリースはあったものの、2018年7月現在、未だに復活後のオリジナルアルバムが発表されていません(*)。過去の名盤た …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。