個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】B’z/ミエナイチカラ 〜INVISIBLE ONE〜

投稿日:2019年7月1日 更新日:

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。

『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティスト・トータル・セールス(CD)が歴代1位という記録は最もインパクトのあるものではないでしょうか。

シンプルに、日本の歴史上最もCDを売り上げたアーティストが、この『B’z』というバンドなのです…!

CDという媒体自体が売れない時代になった今、この記録を塗り替えるアーティストが現れることはないかもしれませんね…。

今回は、『B’z』の個別楽曲、『ミエナイチカラ 〜INVISIBLE ONE〜』のレビューです。

※『B’z』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/B’z

magician

『ミエナイチカラ 〜INVISIBLE ONE〜』の全体概要

基本情報

アーティストB’z
曲名ミエナイチカラ 〜INVISIBLE ONE〜
演奏時間4:41
作詞稲葉浩志
作曲松本孝弘
編曲松本孝弘 & 稲葉浩志 & 池田大介

両A面19thシングルの片方。もう片方は『MOVE』。

アニメ地獄先生ぬ~べ~のエンディングテーマ。

『ミエナイチカラ 〜INVISIBLE ONE〜』収録アルバム

アルバム名トラック#
B’z The Best “Treasure”8
B’z The Best “ULTRA Pleasure” (The First RUN)13
B’z The Best XXV 1988-1998 (DISC2)5

オリジナルアルバム未収録。

※『ミエナイチカラ 〜INVISIBLE ONE〜』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

Aメロが短く、Bメロもない楽曲『ミエナイチカラ 〜INVISIBLE ONE〜』。

そんな構成のためか、楽曲の多くの部分をサビパートが占めています。良く言えば“欲張りな聴き心地”、悪く言えば“ずっと盛り上がりっぱなしで大味な聴き心地”というところでしょうか。

人気投票で収録曲を決めたベストアルバム『B’z The Best “Treasure”』にも本作『ミエナイチカラ 〜INVISIBLE ONE〜』は収められていますが、なんとミリオンヒットシングルの中では最も低順位という結果に。

私はサビだらけのこの楽曲を”欲張りな聴き心地”と捉えていますので、けっこう好きなんですけどね。。。

それこそ、私はリアルタイムで地獄先生ぬ~べ~のアニメを見ていた世代です。私と同じアラサー世代なら、地獄先生ぬ~べ~のエンディングテーマであったこの楽曲に多少の思い入れを持っている人が多いのではないでしょうか。年齢的にも地獄先生ぬ~べ~経由で『B’z』を知ったなんて人もいるかもしれません。

後に『B’z』20周年を記念して新たにベストアルバムがリリースされるのですが、この時はなんと本作『ミエナイチカラ 〜INVISIBLE ONE〜』が『B’z The Best “ULTRA Pleasure“』側に収録されているのです。

これは、もしかしたら、地獄先生ぬ~べ~を見ていた我々世代のことを『B’z』サイドが考えてくれていたのかも…なんて、少し思ったり。

『ミエナイチカラ 〜INVISIBLE ONE〜』収録アルバムレビューリンク

※『B’z』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/B’z

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/光を忘れた

ギターボーカル担当の川谷絵音の不倫だったり、ドラム担当のほな・いこかが「さとうほなみ」名義で女優デビューしたりと、音楽面よりメンバーの素行が注目されてしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』 注目のされ方 …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Never Stop!

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】GLAY/a Boy〜ずっと忘れない〜

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 シングル、アルバムともにミリオンヒットを連発し、商業的な成功という意味においては、『GLAY』のデビューをプロデュー …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/パラレルスペック

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。 以降、あまり良くないイ …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/ECO=System

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。