個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Butterfly’s Sleep

投稿日:2018年1月3日 更新日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

今回は『Butterfly’s Sleep』の個別楽曲レビューです。

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

swallowtail

『Butterfly’s Sleep』の全体概要

基本情報

アーティストL’Arc〜en〜Ciel
曲名Butterfly’s Sleep
演奏時間5:10
作詞hyde
作曲ken
編曲L’Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano

『Butterfly’s Sleep』収録アルバム

アルバム名トラック#
ark7

オリジナルアルバム『ark』の7曲目に収録。

※『Butterfly’s Sleep』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

アルバム『ark』の中で、前曲#6 『Larva』から連続して始まる1曲、『Butterfly’s Sleep』。

『Larva』とは”幼虫”を意味する単語で、曲名的にも“Larva(幼虫)”→”Butterfly(蝶)”と、連続した意味を持たせているようです。

ただ、『Butterfly’s Sleep』という楽曲の歌詞自体は、蝶を一人称にしたものになっているわけではありません。

歌詞中にも1番Aメロに「蝶のように…」というフレーズが顔を出すだけで、手の込んだ曲順や曲名のわりに、”蝶”というモチーフを中心に据えた内容にはなっていないように思います。

サウンドですが、当時のラルクが新しい試みを本作『Butterfly’s Sleep』に取り入れているように感じました。

前曲#6 『Larva』からの流れを汲んで打ち込みを前面に押し出したオープニングから、ヘビーなギターサウンドが引っ張るイントロにガラッと変わるところなんか、特にそう感じましたね。

イントロやサビではストリングスの音がけっこう派手に聴こえますので、前述の打ち込みサウンドと相まって、バンド外の音のイメージが強い楽曲かと思います。

しかし、よく聴いてみるとヘビーなギターの音だったり、Bメロでグイグイ動き回るベースだったり、けっこうバンドの音も聴いていておもしろかったりします。

最近のラルクは打ち込みっぽいサウンドもふんだんに取り入れていますが、本作『Butterfly’s Sleep』が、こういった打ち込みの要素をラルクの楽曲に持ち込んだ最初の代表作なのかもしれませんね。

Amazonで試聴できます。

『Butterfly’s Sleep』収録アルバムレビューリンク

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/DAYDREAM

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/I Love You Baby

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活したものの、特に目立った活動もなく再休止するバンドもある中、イエモンこと『THE YELLOW MONKEY』は精力的に新 …

【個別楽曲レビュー】ZONE/白い花

“バンド”でも”アイドル”でもない“バンドル”という新しいジャンルで活動を始めた4人組グループ『ZONE』。 途中で本当に楽器を …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/ハツミ

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。 とは言え、有名人が不倫 …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/ゲルニカ

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。