個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Horizon

投稿日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。

離れ離れになっていた十数年という時間の中、『THE YELLOW MONKEY』というバンドが誕生した奇跡について、ある種悟りのようなものをメンバーたちが感じ取った結果なのかもしれませんね。

 

今回は、アルバム『9999』の10曲目、『Horizon』レビューです。

 

road

全体概要

基本情報

アーティスト THE YELLOW MONKEY
曲名 Horizon
演奏時間 5:06
作詞 菊地英昭
作曲 菊地英昭
編曲 THE YELLOW MONKEY

2017年にリリースされた配信シングル。

作詞作曲ともギターの菊地英昭が担当。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
9999 10

オリジナルアルバム『9999』の10曲目に収録。

 

レビュー

非常に前向きながら、どこかノスタルジックな雰囲気が漂う1曲、『Horizon』。

吉井和哉以外のメンバーが作曲した作品というのは多々ありますが、本作『Horizon』は吉井和哉以外のメンバー(ギターの菊地英昭)が作詞しているという点で非常に珍しい楽曲となっています。

確かに、”作詞が吉井和哉ではない”という事実を知ったうえで聴けば、“ポジティブな表現が割と直接的だな~”なんて感じはしますが、それでも、この先入観無しに聴いてしまえばイエモンの楽曲として全然違和感はありません。言葉の選び方や比喩の表現なんかは、吉井和哉っぽいとさえ思ってしまいます。

 

一方、上述の“直接的なポジティブの表現”というのが、本作『Horizon』における新鮮な点でもあります。

いやはや、未だかつてイエモンの楽曲でこんなにもストレートで前向きな作品があったでしょうか。

解散、長い長いブランク、そして復活。この物語があったからこそ、辿り着けた境地の一つなんじゃないかと思います。イエモンというバンドの歴史的背景が裏付ける説得力と深み、そんなものが感じられるポジティブさです。

 

そして、ポジティブ一辺倒なだけでなく、どこか感じられるノスタルジックな雰囲気。これも、本作『Horizon』が醸し出す深い味わいの大事なエッセンスですね。一度後ろを振り返って”よし”と確信を持ち、前に向かって歩き出す…そんな情景が頭の中に浮かんでくる1曲です。

 

『Horizon』が収録されているアルバム『9999』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】THE YELLOW MONKEY/9999

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/flower

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/間違いねえな

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! シングルのリリースはあったものの、2018年7月現在、未だに復活後のオリジナルアルバムが発表されていません(*)。過去の名盤た …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/カナタヘ…

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …

【個別楽曲レビュー】ZONE/大爆発 NO.1

“バンド”でも”アイドル”でもない“バンドル”という新しいジャンルで活動を始めた4人組グループ『ZONE』。 途中で本当に楽器を …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/浸食 〜lose control〜

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。