個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Horizon

投稿日:2019年6月11日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。

離れ離れになっていた十数年という時間の中、『THE YELLOW MONKEY』というバンドが誕生した奇跡について、ある種悟りのようなものをメンバーたちが感じ取った結果なのかもしれませんね。

今回は、アルバム『9999』の10曲目、『Horizon』レビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

road

『Horizon』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名Horizon
演奏時間5:06
作詞菊地英昭
作曲菊地英昭
編曲THE YELLOW MONKEY

2017年にリリースされた配信シングル。

作詞作曲ともギターの菊地英昭が担当。

『Horizon』収録アルバム

アルバム名トラック#
999910

オリジナルアルバム『9999』の10曲目に収録。

※『Horizon』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

非常に前向きながら、どこかノスタルジックな雰囲気が漂う1曲、『Horizon』。

吉井和哉以外のメンバーが作曲した作品というのは多々ありますが、本作『Horizon』は吉井和哉以外のメンバー(ギターの菊地英昭)が作詞しているという点で非常に珍しい楽曲となっています。

確かに、”作詞が吉井和哉ではない”という事実を知ったうえで聴けば、“ポジティブな表現が割と直接的だな~”なんて感じはしますが、それでも、この先入観無しに聴いてしまえばイエモンの楽曲として全然違和感はありません。言葉の選び方や比喩の表現なんかは、吉井和哉っぽいとさえ思ってしまいます。

一方、上述の“直接的なポジティブの表現”というのが、本作『Horizon』における新鮮な点でもあります。

いやはや、未だかつてイエモンの楽曲でこんなにもストレートで前向きな作品があったでしょうか。

解散、長い長いブランク、そして復活。この物語があったからこそ、辿り着けた境地の一つなんじゃないかと思います。イエモンというバンドの歴史的背景が裏付ける説得力と深み、そんなものが感じられるポジティブさです。

そして、ポジティブ一辺倒なだけでなく、どこか感じられるノスタルジックな雰囲気。これも、本作『Horizon』が醸し出す深い味わいの大事なエッセンスですね。

一度後ろを振り返って”よし”と確信を持ち、前に向かって歩き出す…そんな情景が頭の中に浮かんでくる1曲です。

『Horizon』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】Janne Da Arc/ファントム

2019年、突如解散を発表した『Janne Da Arc』。 キーボードを絡めたカラフルな音色、個々の卓越した演奏技術による派手なサウンド、そしてキャッチーなメロディーラインが魅力的な楽曲をいくつも生 …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/ANUBIS

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンド …

【個別楽曲レビュー】黒夢/優しい悲劇

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカル …

【個別楽曲レビュー】GLAY/More than Love

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューが『X JAPAN』のYOSHIKIプロデュースだったこともあり、ヴィジュアル系というカテゴリーに分類される …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/じれったい

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。 自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。